このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成30年12月のできごと >
  5. 12月1日(土)人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会 ~共に認め合い、共に支え合う社会をめざして~


12月1日(土)人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会
~共に認め合い、共に支え合う社会をめざして~

 

 12月1日(土)、坂城町文化センターで、「人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会 ~共に認め合い、共に支え合う社会をめざして~」が開催されました。この集会は、一人ひとりが、共に認め合い支え合う人権感覚を養うとともに、福祉への理解を深め明るく住みよい人権・共生のまちづくりの実現を目指して毎年開催されております。
 最初に、南条小学校6年の中村光毅さん・竹花蒴亜さん・高野小晴さん・中島月夜さん・吉澤芽衣さんによる人権学習活動作文の発表がありました。その後、失語症や構音障害といった言語の障がいを持つ方々が、自身の闘病体験や日々の出来事を芝居にする劇団「ぐるっと一座」の活動を追うドキュメンタリー映画「言葉のきずな」の上映会が行われました。映画内では、思うように言葉が出てこないという障がいを抱えた方々が、劇を通して発声練習や自身の思いを伝え、一歩ずつ歩んでいこうとしている姿が映し出され、町民集会のテーマである「共に認め合い、共に支え合う社会」について考える機会となりました。

 

▼南条小学校6年生の児童による人権学習活動作文発表

人権町民集会01

▼映画「言葉のきずな」上映会

人権町民集会

 

ページの先頭へ