このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成29年9月のできごと >
  5. 9月6日(水)特別展「大相撲と日本刀」木戸開き


9月6日(水)特別展「大相撲と日本刀」木戸開き

 

木戸開き01

▲テープカット(左から、宮下 潤一 SBC信越放送株式会社上田放送局長、塩野入 猛  坂城町議会議長、宮入小左衛門行平刀匠、山村町長、宮﨑教育長、山崎 忠承 坂城町商工会長)

 

 9月6日(水)、いよいよ明日から開催される、特別展「大相撲と日本刀」(9月7日~11月5日)の木戸開き(オープニングセレモニー)が、会場である鉄の展示館にて行われました。

 この特別展は、歴代の名横綱が所持した太刀や大相撲にゆかりのある日本刀にスポットを当てて、これまで紹介されることの少なかった相撲における刀剣の意味や横綱の歴史について知ることのできる展示会です。また、前期(9月7日~10月6日)・後期(10月7日~11月5日)で展示品が全て入れ替わり、期間中に数多くの貴重な展示品を見ることができます。

 本日の木戸開きの後には内覧会が行われ、参加された方は、整然と展示された化粧廻しや脇差、太刀などを真剣な眼差しでご覧になっていました。

 展示期間中は、日本刀や相撲に関するイベントも開催していますので、大勢の皆さんのご来館をお待ちしております。

 

木戸開き03

木戸開き04  木戸開き05

木戸開き06  木戸開き07

 

ページの先頭へ