このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 福祉・健康 >
  3. 高齢者福祉 >
  4. 水道メーターを使った新しい高齢者見守り事業 「高齢者元気応援システム KIZUKI」の申込みについて


水道メーターを使った新しい高齢者見守り事業
「高齢者元気応援システム KIZUKI」の申込みについて

 

 町では、長野県企業局および民間企業と共同で、高齢者の新しい見守りシステムの実証実験に取り組んでおります。

 「高齢者元気応援システム KIZUKI」は、水道メーターで水道の利用状況を把握して、お一人暮らしをされている高齢者等を見守ります。

 毎朝水道の使い始めに配信される「元気メール」、水道を8時間以上使っていない、または2時間以上の連続使用が確認された場合に配信される「異変メール」で、ご家族に高齢者の安否をお知らせします。特別なことをしていただく必要はなく、高齢者ご本人のプライバシーにも配慮して、そっと見守りができるシステムです。

 高齢者ご本人様及び離れて暮らすご家族様の不安を少しでも減らすために、こちらのシステムの利用をお勧めします。

事業対象者

  • 町内在住のお一人暮らし高齢者、高齢夫妻、及びそのご家族

運用開始時期

  • 平成29年9月(予定)

費用負担

  • 下表のとおり

 

費用負担者

内容

費用

備考

ご利用者様

受診センター管理・運営費

メール配信料

A
元気メールおよび異変メール配信の場合

月額利用料
970

AまたはB

どちらかを選択していただきます。

B
異変メールのみ配信の場合

月額利用料
670

坂城町

見守り装置の設置・管理費用等

月額負担経費 1,350

県企業局

見守り用水道メーターの機器費用および設置にかかる工事費等

1件当たり、27,100
(月額ではなく1件分の費用)

 

申込・問い合わせ

 お申込みの場合は、申請書にご記入いただき、役場福祉健康課窓口にお持ちいただくか、下記連絡先に郵送またはFAXにてお送りください。

 システムの詳細などはお気軽に担当までお問い合わせください。

 

ページの先頭へ