このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成28年10月のできごと >
  5. 宮下晃広さんが日本スポーツマスターズ2016サッカー競技で全国大会準優勝


宮下晃広さんが日本スポーツマスターズ2016サッカー競技で全国大会準優勝

 

宮下晃広さん結果報告

▲左から、山村町長、宮下晃広さん 

 

 宮下晃広さん(中之条)が、9月24日から27日まで秋田県で開催された(公財)日本体育協会 秋田県及び(公財)秋田県体育協会主催による日本スポーツマスターズ2016サッカー競技において、長野県の選抜チーム「セレソン長野」のセンターバックとして出場し、2年連続となる準優勝を果たしました。

 大会には、全国の各地区大会を勝ち抜いてきた16チームが出場し、セレソン長野は栃木県、佐賀県、広島県のチームと予選リーグを争い、2勝1分で決勝ラウンドへ進出。準決勝で宮城県のチームを降し、決勝戦では昨年と同じ兵庫選抜チームと対戦しました。

 宮下さんは、予選リーグにおいて2点ビハインドの状況で出場し、失点が許されないなか見事完封してチームの逆転劇に貢献するなどの活躍をされましたが、目標としていた全国優勝には一歩届きませんでした。「優勝できなかったことは悔しいが、2年連続の準優勝は胸を張れる結果。来年また選抜されたら、今度こそは全国優勝したい」と意気込みを語られました。

 

ページの先頭へ