このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 観光 >
  3. 見所一覧 >
  4. 比丘尼石


比丘尼石

 

比丘尼石

 

 坂城町と千曲市の境付近、苅屋原の山を見上げると、まるで人が前かがみになっているような形の巨石が見えます。比丘尼石と呼ばれ、次のような言い伝えがあります。

 戦国時代、村上義清が葛尾城を自落させ、武田氏の侵攻から逃れる際、義清の奥方も姫城から脱出した。しかし眼下の里人を思い、ここに立ち止まって、「自分はどうなってもよいが、里の皆は永遠に幸せであるように」と祈願を始め、そのまま石になった。

 地元の人は、この石が経を読んでいる奥方の姿だと信じ、比丘尼石と呼ぶようになりました。
実際には自然石(石英斑岩)ですが、戦乱に巻き込まれた高貴な女性への労りと思慕を感じさせます。町内には葛尾落城と奥方にまつわる言い伝えがいくつかあり、比丘尼石もそのひとつです。苅屋原ミニパーク、笄橋付近の堤防から見ることができます。

 

地図

このページに関するお問い合わせ

教育委員会(教育文化課) 文化財係
電話番号:0268-82-1109

ページの先頭へ