このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 観光 >
  3. 見所一覧 >
  4. 十六夜観月殿


十六夜観月殿

 

十六夜観月殿

 

 村上大国魂社へ続く苔生した石段を昇り、林を抜けると、十六夜観月殿が現れます。

 その昔、都の生活を懐かしんだ村上氏が、この場所で月を眺め、歌を詠んだと地元に伝わります。
 ここからは、葛尾山、大峰山、虚空蔵山といった坂城を囲む山々や、水面輝く千曲川、人々が暮らす里のようすが美しく見え、和歌や俳諧に親しむ人々は、観月殿の周辺に多くの句碑を建立してきました。
 その文化的価値の高さから、この一帯は「十六夜観月殿と周辺の景観」として町の名勝に指定されました。
 今でも秋の名月のころ、この観月殿で俳句会が開かれ、文化を愛する人々のよすがとなっています。

 また、ここは狐落城、三水城への登り口でもあります。山城散策の前後に、ちょっとひといき。
歌心の赴くままに、一句ひねってみてはいかがでしょうか。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会(教育文化課) 文化財係
電話番号:0268-82-1109

ページの先頭へ