このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 観光 >
  3. 見所一覧 >
  4. 葛尾城跡と 村上義清


葛尾城跡と 村上義清

葛尾城跡

  平安時代の末に村上郷に発祥した村上氏は、平安・鎌倉時代を通じて村上を本拠に活躍し、南北朝時代後期に坂木(坂城)に移りました。戦国時代には、東北信一帯を支配する戦国大名として村上義清が現れます。義清は坂城を本拠地として、甲斐の武田信玄による信濃攻略に対し善戦したものの、天文22年(1553)義清は葛尾城を放棄して上杉謙信を頼り、越後へ逃れました。これが川中島の合戦につながっていったといわれています。
  義清は二度と坂城の地には戻れませんでしたが、正直で人情味があり、信仰心の厚い人であったと伝えられています。

  この村上義清の居城跡が「葛尾城跡」です。当時の「山城」の姿を現代に残す史跡と、義清もまた同じ視点から眺めたのであろう、坂城町から上田市・千曲市方面を一望にする絶景がご覧になれます。

信濃の名将 村上義清

村上義清について詳しく説明した冊子のPDF版をご覧いただけます。

 

案内図・地図

※地図は下記参照

 

葛尾城跡02

関連ファイル

地図

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財係
電話番号:0268-82-1109

ページの先頭へ