このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 介護保険 >
  3. 高齢者在宅介護関係


高齢者在宅介護関係

地域包括支援センター

高齢者の生活の総合相談・介護予防の機関として地域包括支援センターがあります。

  • 介護や福祉に関する総合的な相談をお受けします。
  • 「要支援1・2」の認定を受けた方の、介護予防サービスの相談・調整等を行います。
  • 介護や支援が必要となるおそれがある方(介護認定には該当しない方)の介護予防のための支援を行います。
  • 高齢者への虐待に関する相談・対応、判断能力が低下し金銭管理等に不安がある場合の成年後見制度利用についての相談等、高齢者の権利を擁護します。
  • その他、地域のケアマネージャーや高齢者福祉に係わる関係機関との連携を図り、高齢者の支援を行います。

 

坂城町地域包括支援センター(福祉健康課内)

TEL:0268-82-3111(内線137・138)
有線:88-1077

 

在宅介護支援センター

在宅介護支援センターでは、寝たきり又は認知症等のお年寄りの方を介護されている家族の皆さんの、介護や福祉サービスについての相談に対して、24時間体制で応じております。

主な相談内容は、介護等についての相談、在宅福祉サービスの利用申請等のお手伝い、保健や福祉サービスのお知らせ、介護保険サービスの相談並びにサービス計画の作成、介護機器、介護用品の展示と普及などです。

相談窓口

  • 坂城町在宅介護支援センタ-(老人福祉センター内)
    TEL:0268-82-0333
    有線:82-0333
  • 【夜間電話相談】特別養護老人ホームさかき美里園
    TEL:0268-82-0294
    有線:82-0294

 

高齢者生活支援事業

高齢者の生活支援事業として、坂城町では「配食サービス」「外出支援サービス」を実施しています。

配食サービス

配食サービスは、町内に居住するおおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者、高齢者のみの世帯、障害者で調理の困難な人に、月曜日から木曜日までの昼食を配食しながら利用者の安否を確認し、栄養バランスのとれた食事をお届けする事業です。

外出支援サービス

外出支援サービスは、町内に居住するおおむね65歳以上の臥床している人、車いす利用者又は65歳未満の障害者で下肢等が不自由で臥床している人、車いすの利用者で一般交通機関の利用が困難な人に、在宅福祉サービス提供施設への通所、入所、退所、医療機関への通院、入院、退院等で利用できます。

※利用には事前の利用者登録が必要です。
※一部利用者負担があります。

 

軽度生活援助事業

軽度生活援助事業は、町内に居住するおおむね65歳以上のひとり暮らし等高齢者のうち、介護保険で要介護・要支援に該当しない方に、家事・生活及び健康に関する援助や相談、助言のため、生活援助員(ホームヘルパー)を派遣する事業です。

対象者

ひとり暮らし等の高齢者

利用料

一部利用者負担があります

 

生きがい活動支援通所事業

介護保険で要介護・要支援に該当しないで、町内に居住するおおむね65歳以上の家に閉じこもりがちなひとり暮らし等高齢者の方に、老人福祉センター、ふれあいセンター等で、日常生活の指導・食事・レクリエーションを行い、一日楽しく過ごしていただいています。

健康づくりや介護予防など、自立した生活が出来ますよう支援する事業です。

対象者

ひとり暮らし等の高齢者

利用場所

老人福祉センター、ふれあいセンター等

利用料

食費を含む一部利用者負担があります

 

生活管理指導短期宿泊事業

生活管理指導短期宿泊事業は、町内に居住するおおむね65歳以上のひとり暮らし等高齢者で、介護保険で要介護・要支援に該当しないで、疾病ではないが体調不良に陥った方等を一時的に養護老人ホーム「はにしな寮」を利用いただき、生活習慣の確立が図られるよう援助する事業です。

対象者

ひとり暮らし等の高齢者

利用場所

養護老人ホームはにしな寮

利用料

食費を含む一部利用者負担があります

 

あんしん電話事業

ひとり暮らしの高齢者が、万一の場合に、事故の防止や安否の確認を図るため、自宅に緊急通報装置を設置することにより、昼間は町在宅介護支援センターと、夜間や休日は特別養護老人ホームと緊急時の通報ができ、ひとり暮らしの高齢者の皆さんが安心して生活することを図る事業です。

対象者

ひとり暮らしの高齢者

設置場所

家庭の有線か電話機に接続します

利用料

設置費用は、町が負担します

 

介護慰労事業

寝たきり等の高齢者を家庭において介護している方に対して、労をねぎらうため慰労金を支給します。対象となる方は、65歳以上の寝たきり・認知症の方(介護保険の要介護3、4、5に認定された方)と同居し、在宅で3ヵ月以上介護している方に支給します。支給額は年額90,000円を前期と後期の2回に分けて支給いたします。

※受給対象者としての事前の登録が必要です。

 

介護用品購入費支給事業

寝たきり等の高齢者が使用するおむつ類の介護用品の購入に要する費用を支給します。対象となる方は、65歳以上の在宅の寝たきり・認知症の方(介護保険の要介護3、4、5に認定された方)で、年額75,000円以内です。

※受給には事前の登録が必要です。

 

寝具洗濯等サービス事業

寝たきり等の高齢者が日常使用している寝具を丸洗い年1回、乾燥消毒年3回行う事業です。対象となる方は、65歳以上の在宅の寝たきり・認知症の方(介護保険の要介護3、4、5に認定された方)です。

※受給には事前の登録が必要です。

 

訪問理美容サービス

寝たきり等の高齢者が自宅で理容・美容のサービスを受ける際の出張料金に相当する利用券を交付する事業です。対象となる方は、在宅の寝たきり・認知症の方(介護保険の要介護3.4.5に認定された方)です。

※利用には事前の申請が必要です。

 

住宅整備補助事業

寝たきり・認知症の方のための居室、トイレ、風呂等、介護保険対象を除く整備に対し助成します。対象となる方は、65歳以上の寝たきり及び認知症の方(介護保険の要介護3、4、5に認定された方)が居住する世帯で、前年の所得税額の合算が8万円以下の世帯に対し、70万円以内の助成をします。

※事前の申請が必要です。

 

介護者交流事業

寝たきり等の高齢者(介護保険の要介護3、4、5に認定された方)を介護している方にリフレッシュの機会や交流の場を提供します。(参加にあたり、一部利用者負担をいただく場合があります。)

 

訪問指導事業

疾病の予防、介護の予防、機能の維持や家庭における療養・看護の仕方を保健師や看護師が家庭に伺い指導します。

対象者

ひとり暮らし高齢者や健康管理などに不安がある高齢者

利用料

無料です

 

日常生活用具貸与事業

機能維持・回復、介護予防等に必要な場合、一定期間ベッド・車いすなどをお貸しします。

対象者

機能維持・回復、介護予防などで用具が必要な方

利用場所

家庭でお使いください

利用料

無料です

窓口

社会福祉協議会  TEL0268-82-2551  有線82-2551

 

問い合わせ先

地域包括支援センター(役場福祉健康課内)

TEL:0268-82-3111(内線137・138)
有線88-1077

在宅介護支援センター(老人福祉センター内)

TEL:0268-82-0333
有線:82-0333

このページに関するお問い合わせ

福祉健康課 地域包括支援センター
電話番号:【代表】0268-82-3111(内線137) 【直通】0268-75-6205

ページの先頭へ