このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 健康保険 >
  3. 国民健康保険 >
  4. 国保で給付が受けられるもの


国保で給付が受けられるもの

病院で治療を受けたときに保険証を提示することで、窓口での本人負担は年齢などに応じた負担割合を支払うだけで、次のような医療を受けられます。

  • 診察
  • 治療
  • 薬や注射などの処置
  • 入院及び看護
  • 在宅診療及び看護
  • 訪問看護

※コルセットなどの治療用装具を作ったときや、保険証がなく全額(10割)負担したときにも、申請により後で費用の一部が療養費として世帯主に支給されます。

 

自己負担割合

  • 義務教育就学前:  2割
  • 義務教育就学後から70歳未満:  3割
  • 70歳以上75歳未満
        昭和19年4月1日以前生まれの人:1割
        昭和19年4月2日以降生まれの人:2割
        現役並み所得のある人:3割

※平成26年度から70歳以上75歳未満の人の負担割合が改定されました。

※「現役並み所得のある人」についてはこちらの「70歳以上の人の所得区分」 をご覧ください

このページに関するお問い合わせ

福祉健康課 保険係
電話番号:【代表】0268-82-3111(内線134) 【直通】0268-75-6205

ページの先頭へ