このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 介護保険 >
  3. 平成27年8月から高額介護サービス費の基準が変わります


平成27年8月から高額介護サービス費の基準が変わります

  介護サービスを利用する場合にお支払いいただく利用者負担には、月々の負担の上限が設定されており、1か月に支払った利用者の負担の合計が上限を超えたときは、超えた分が払い払い戻されます。

  負担の上限は、利用者本人や世帯の所得等の状況により区分されており、27年8月からは、新たに現役並み所得の方の区分(第5段階)が設けられました。

対象者世帯区分 負担上限額
世帯 個人
第1段階 生活保護被保護者等 15,000円 15,000円
老齢福祉年金受給者で、
住民税非課税世帯の方
24,600円
第2段階 住民税非課税世帯対象者で、
合計所得金額+課税年金収入額の合計が
80万円以下の方
24,600円 15,000円
第3段階 住民税非課税世帯対象者で、
合計所得金額+課税年金収入額の合計が
80万円を超える方
24,600円 -
第4段階 住民税が課税されている世帯で、
第5段階以外の方
37,200円 -
第5段階
〈新設〉
同一世帯内の第1号被保険者に
課税所得145万円以上の方がいる場合
44,000円 -

用語解説

  • 課税所得
    年金収入や給与収入、農業収入等から公的年金控除や給与所得控除、必要経費等を引いた額から、扶養控除等の人的控除、基礎控除を差し引いた後の額。

第5段階に該当する方であっても、次に該当する方は町に「基準収入額適用申請書」を提出いただくことにより第4段階が適用されます。対象となられる方には、町から通知しますので、申請書を提出してください。

所得による各段階の判定は、前年所得に対して8月1日から翌年7月31日まで適用されます。

(例:平成26年の収入状況により平成27年8月1日~平成28年7月31日までを判定します。)

該当者

☆同一世帯内の65歳以上の方(第1号被保険者)に課税所得145万円以上の方がいる場合であっても

  • 同一世帯内の第1号被保険者が1人の場合
    ⇒その方の収入が383万円未満
  • 同一世帯内の第1号被保険者が2人以上の場合
    ⇒それらの方の収入の合計額が520万円未満

このページに関するお問い合わせ

福祉健康課 保険係
電話番号:【代表】0268-82-3111(内線134) 【直通】0268-75-6205

ページの先頭へ