このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 年金 >
  3. 国民年金 >
  4. 国民年金の届出について


国民年金の届出について

 

届出をしないと国民年金の被保険者の資格を得られない場合もあります。節目節目で、必ず届出をしましょう。

こんなときは届出を

こんなとき 届出に必要なもの
20歳になったとき
(厚生年金・共済組合の加入者は除く)
印鑑
国民年金の加入者が
厚生年金・共済組合に加入したとき
事業主に年金手帳を提出
(印鑑、本人の年金手帳、健康保険証)
厚生年金・共済組合の加入をやめたとき
(被扶養配偶者がいる場合は合わせて届出をしてください。)
印鑑、年金手帳、退職年月日のわかる書類
配偶者の扶養からはずれたとき
(離婚したときや収入が増えたとき)
印鑑、本人及び配偶者の年金手帳、
扶養からはずれた日のわかる書類
住所・氏名が変わったとき
(住民票の届出と一緒にできます。)
印鑑、年金手帳
任意加入するとき、やめるとき 印鑑、年金手帳

※上記以外の書類が必要な場合がありますので、お問い合わせのうえ手続きをしてください

 

保険料が払えないときは免除の申請を

思いがけない病気やケガ、失業等の理由で保険料を納めたくても納められないときは、免除制度があります。一人で悩まず、国民年金の窓口にご相談ください。

  • 保険料免除制度(全額免除・4分の1納付・半額納付・4分の3納付)
    申請者本人、配偶者、世帯主の前年所得が一定以下のとき、または、失業等により保険料を納付することが困難と認められるときに該当となります。
  • 年者猶予制度
    20歳台の若年者である本人とその配偶者の前年所得が一定以下のとき、または、失業等により保険料を納付することが困難と認められるときに該当となります。ただし、猶予期間は年金額に反映されません。
  • 学生納付特例制度
    学生(大学・短大・各種専門学校)であり、前年所得が一定以下のときに該当となります。ただし、猶予期間は年金額に反映されません。

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 住民係
電話番号:【代表】0268-82-3111(内線122) 【直通】0268-75-6204

ページの先頭へ