このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. 年金 >
  3. 国民年金 >
  4. 支給される年金の種類


支給される年金の種類

こんなときにこんな年金が

65歳になったとき

  • 老齢基礎年金
    保険料を納めた期間(免除期間を含む)が、25年以上ある人が、65歳になるともらえます。

もしも、病気やケガをしたら

  • 障害基礎年金
    国民年金加入中に、病気やケガで障害になったときや、20歳前の病気やケガによって障害になったときにもらえます。

もしも一家の大黒柱に先立たれたら

  • 遺族基礎年金
    国民年金加入中の人や、老齢基礎年金受給資格のある人が死亡したとき、遺族がもらえます。

 

第1号被保険者への独自給付

付加年金

付加保険料(月額400円)を納めた人は、納めた月数×200円が老齢基礎年金に加算されます

寡婦年金

老齢基礎年金を受けるはずだった夫(25年以上納付)が死亡したとき、その妻(婚姻期間10年以上)に60歳から65歳になるまで、夫が受けるはずだった年金額の4分の3が支給されます。

死亡一時金

保険料を3年以上納めた人が何の年金も受けずに亡くなったとき、遺族に保険料納付月数によって12万円から32万円まで支給されます。

※外国人の脱退一時金も支給されます。

 

納め忘れにご注意

国民年金保険料は、基礎年金を支払うための一番大切な財源です。納め忘れると、年金額が減ってしまったり、年金をもらえなくなります

 

便利な口座振替を

国民年金保険料の納付を口座振替にすると、金融機関まで行かずに済んで便利ですし、振替方法によっては、納付書で納めるより保険料が割り引かれます

このページに関するお問い合わせ

住民環境課 住民係
電話番号:【代表】0268-82-3111(内線122) 【直通】0268-75-6204

ページの先頭へ