このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成26年度のできごと >
  5. 平成26年12月のできごと


平成26年12月のできごと

12月22日(月)南条小4年生がねずみ大根を販売

南条小ねずみ大根販売

  「おいしいねずみ大根いかがですか―!」

  新田醸造(有)様とセブン-イレブン坂城南条店様の店頭で、子どもたちの元気な声が響き渡りました。

  張り切って声を出していたのは、南条小学校4年2組の児童たち。本日(12月22日)は、児童たちが今年、ねずみ大根振興協議会(会長:山﨑進一さん)の皆さんのご協力のもと、栽培体験授業で育てたねずみ大根を、店舗を訪れたお客様や観光客の皆さんに直に販売しました(写真は、新田醸造(有)様)。大根は、大、中、小のサイズに分けて、かごいっぱいに詰めてきましたが、応援に駆けつけたねずこんと一緒にがんばった甲斐あって見事売り切れ。お買い求めいただいたお客様には、児童たちが作った「ねずみ大根を使った料理のレシピ」もプレゼントされました。この売上は、大根の栽培や販売などにあたり、お世話になった皆さんへのお礼や募金などに使う予定とのことです。

南条小ねずみ大根販売

このページの先頭へ


 

12月21日(日)銀座NAGANOで坂城町をPR

銀座NAGANO01

▲小松美羽さんトークショー

  12月21日(日)、今年の10月に、東京都中央区銀座にオープンした、「銀座NAGANO  ~しあわせ信州シェアスペース~」で、坂城町のPRイベント「信州坂城町の伝統食でおもてなし  ~食×芸術=信州坂城町~」を開催しました。

  当日は、ここ数年の間に、坂城町に講演会やセミナー講師としてお越しいただいた方をはじめ、町を応援していただいている東京坂城会の皆さんをゲストとしてお招きし、町出身の画家 小松美羽さんのトークショーや町で収穫された野菜や果物を使った、おしぼりうどん、おやき、巨峰ロゼワイン2014などをお楽しみいただきました。会場は、千曲川やねずみ大根、ワイナリー形成事業などの話題で大いに盛り上がり、ゲストの皆さんには改めて、今後もそれぞれのお立場で、坂城町を応援していただけることになりました。

  また、このイベントの開催にあたって、味ロッジ(株)、上平を元気にする会、坂城町農業クラブの皆さんにも、農産物の提供やイベント運営にご協力いただきました。ありがとうございました。

銀座NAGANO02-03

このページの先頭へ


 

羽毛田 悟さんと莉奈さんが兄妹でラグビー全国大会出場!

ラグビー全国出場羽毛田兄妹

▲左から、羽毛田 莉奈さん、山村町長、羽毛田 悟さん

  坂城町出身で岡谷工業高校ラグビー部の羽毛田 悟さん(3年生)と、その妹で長野県ラグビースクール選抜の莉奈さん(坂城中学校3年生)が、それぞれこの年末に近鉄花園ラグビー場で開催される全国大会に出場します。

  岡谷工業高校ラグビー部は、10月から11月にかけて開催された第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会 長野県予選で優勝し、12月27日から始まる全国大会への出場権を3年連続で獲得しました。悟さんは部長を務めており、ポジションはフランカー(フォワードの1人)。「全国大会では、部長として、試合だけでなく練習や生活部分でも部員をまとめあげ、県予選で戦った相手の想いも背負って、花園の舞台で絶対に勝ち、正月を花園で迎えられるよう頑張りたいです。」と意気込みを語られました。

  莉奈さんは、長野市少年少女ラグビースクールに所属しており、今年初めて長野県スクール選抜に選ばれました。ポジションはウィング(バックスの1人)で、選抜された22名中、女子は2名だけとのことです。長野県選抜は、10月から11月に開催された第34回東日本中学生ラグビーフットボール大会・ラグビースクールの部で第3位となり、12月29日から始まる第20回全国ジュニア・ラグビーフットボール大会へ2年連続で出場します。莉奈さんは、「初めての全国大会ですが、今まで練習してきたことを出し切って、外からもどんどん声を出して皆を支えたいです。」と話されました。

  年末の寒さが厳しい時期ですが、体調を万全に整えて、全国の舞台で悔いなく存分に力を発揮できるようがんばってください!

このページの先頭へ


 

12月17日(水)町内3保育園で餅つき大会

南保もちつき01

  12月17日(水)、町内3保育園で、餅つき大会が行われました。(写真は南条保育園)

  今日は、朝から雪が降るあいにくの天気となりましたが、園児たちは小さい杵を交代で持って、「よいしょ!よいしょ!」と、元気よくお餅をつきました。つきたてのお餅は、とてもやわらかく、園児たちは、先生にあんこやきなこ、ごまをつけてもらって、おいしそうに頬張っていました。

南保もちつき02

このページの先頭へ


 

12月17日(水)(株)上田ケーブルビジョン様と災害時における放送及び臨時災害放送局の運営に関する協定を締結

UCV災害協定01

▲左から、(株)上田ケーブルビジョン管理部部長 中村高章さん、代表取締役社長 中沢利樹男さん、山村町長、宮下副町長

  12月17日(水)、町と(株)上田ケーブルビジョン(UCV)様の間で、「災害時におけるケーブルテレビ放送の要請及び臨時災害放送局の運営に関する協定」が締結されました。

  UCV様の放送ケーブルは、当町の9割以上を網羅し、町内の加入率も70%近くあります。町では、災害が発生した場合に、住民の皆さんへ迅速かつ正確な情報提供をするため、今回の協定を締結しました。

  この協定により、J-アラートからの災害情報や、町独自の災害情報を、UCV様の1チャンネルで「L字放送(※)」により、発信していただきます。また、町が、臨時災害放送局を開設しなければならない事態になった場合に、UCV様の「臨時災害放送設備」を使って臨災局を立ち上げ、FMラジオ放送を行っていただけるようになりました。

(※)L字放送…放送されている映像を縮小し、余白部分(L字型)に情報を提供する放送。災害時は、この余白部分に災害情報が流れます。

UCV災害協定01

このページの先頭へ


 

12月8日(月)坂城駅前イルミネーション点灯&169ミニコンサート

イルミネーション

  12月8日(月)、坂城駅前でイルミネーションの点灯式と、169系電車で坂城中学校吹奏楽部によるミニコンサートが開催されました。

  坂城駅前のイルミネーションは、坂城駅前商店街にぎわい坂城の皆さんが平成23年から取り組んでいるもので、長野県信用組合坂城支店様のご協力により、同支店駐車場の壁と、駅前の樫の木をLEDのイルミネーションで装飾しました。今年は、169系電車もライトアップされています。イルミネーションはセンサー式で、日没から午後10時頃まで点灯し、来年1月末まで続けられる予定です。駅周辺へお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

  また、ミニコンサートでは、「Take the”169”Train ~ライトアップされた冬の169列車でミニコンサート~」と題して、坂城中学校吹奏楽部の皆さんが、『44の小品(木管三重奏)』『コッツウォルズの風景(金管五重奏)』を演奏してくださいました。

  生徒たちは、慣れない電車内での演奏となりましたが、日頃の練習の成果を発揮され、とても素晴らしい演奏を披露。約50名の方が訪れ満員となった車内に、クラシック音楽が初めて響き渡りました。

ミニコンサート

このページの先頭へ


 

12月7日(日)スポ少なぎなた部 長野県スポーツ少年団創設50周年記念表彰

なぎなた01

▲功労指導者として表彰された滝沢さん

  12月7日(日)、長野市ホテル国際21において開催された長野県スポーツ少年団創設50周年記念式典で、県のスポーツ少年団活動に長年尽力され、その功績が顕著な指導者や単位団を表彰する「長野県スポーツ少年団創設50周年記念表彰」が行われ、功労指導者として町スポーツ少年団なぎなた部指導者の滝沢一子さん、我山千枝子さん、高野由紀さん、金澤幸子が、優秀団として町スポーツ少年団なぎなた部が表彰されました。

  町なぎなた部の創部は昭和48年で、滝沢さんは昭和61年から、我山さんは平成5年から、高野さん、金澤さんは平成9年から指導され、県大会をはじめ北信越大会や国体など多くの選手を育成をされ、団の強化・育成に多大な尽力をされてきました。

  滝沢さん、我山さん、高野さん、金澤さんや、なぎなた部の今後ますますのご活躍が期待されます。

▼優秀団として表彰されたなぎなた部(事務局の神林まゆみさん)

なぎなた02

このページの先頭へ


 

12月7日(日)第23回スポーツ少年団交流大会

スポ少交流大会01

  12月7日(日)、文化センター体育館で、坂城町スポーツ少年団(塩野入良夫団長)主催の第23回交流大会が開催されました。

  この大会は、普段別々に活動している町のスポーツ少年団に所属している単位団が、団員相互の親睦を図るとともに、未体験のスポーツにも慣れ親しんでいくことを目的として毎年開催されています。今年は、小学1年生から中学2年生まで25チーム158名が参加して、スマイルボウリングを行い、ストライクや難しい位置のピンが倒れるたび大きな歓声があがっていました。

スポ少交流大会02

このページの先頭へ


 

12月3日(水)環境エネルギーセミナー 長谷川真也先生

環境エネルギーセミナー01

▲長谷川真也先生

  12月3日(水)、坂城テクノセンターで環境エネルギーセミナーが開催されました。

  講師には、東海大学工学部動力機械工学科の長谷川真也先生をお迎えし、「高効率熱音響機関の開発について」を演題にご講演をいただきました。

  現在、工場、自動車などが使用しているエネルギーの内、比較的低い温度の排熱(全体の65%以上)は、未利用のまま捨てられているそうです。長谷川先生は、これらの捨てられている排熱を高効率で回収し、熱から変換された音波を用いて発電や冷却に再利用する「熱音響機関」を研究しておられます。

  熱音響機関にはまだ課題があるとのことですが、実用化されれば、自らの電気を賄うことができ、地球温暖化問題の解決などにも貢献できるそうです。質疑応答では、聴講者の皆さんから活発に質問があがっていました。

環境エネルギーセミナー02

このページの先頭へ

 

12月2日(火)第5分団に新小型ポンプを配備

第5分団小型ポンプお披露目

▲写真上:左から、渡辺消防主任、宮﨑教育長、宮下副町長、山村町長、松本幸男消防団長、天田健一郎第5分団長、小林優樹副分団長、林 卓志分団員

  12月2日(火)、消防団第5分団(四ツ屋・御所沢・田町・戌久保))の小型ポンプを更新し、お披露目式が行われました。この配備により、さらなる地域防災力の強化が期待されます。

ページの先頭へ