このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成26年度のできごと >
  5. 平成26年11月のできごと


平成26年11月のできごと

11月29日(土)人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会

人権町民集会01

  11月29日(土)、文化センターで、「人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会 ~共に認め合い、共に支え合う社会をめざして~」が開催されました。

  この集会は、一人ひとりが、互いに認め合い支え合う人権感覚を養うとともに、福祉への理解を深めるために毎年開催されており、今年は、坂城町社会福祉協議会長表彰、坂城中学校生徒による優秀人権作文の発表と記念講演が行われました。

 

坂城町社会福祉協議会長表彰

  社会福祉功労者表彰を社会福祉協議会役員の内山和三さんが、社会福祉協助者表彰を橋詰義達さん、大池令子さん、竹内松江さん、坂城高等学校生徒会が受賞され、坂城町社会福祉協議会の塩野入博幸会長から表彰されました。(竹内さんと坂城高校は欠席)

人権町民集会02

 

優秀人権作文の発表

  長野地方法務局上田支局及び上田人権擁護委員協議会主催の「平成26年度全国中学生人権作文コンテスト上田大会」において、坂城中学校の中島春花さん、狐塚愛深さん、清水颯来さんが、中村真緒さんが優秀作文に選ばれ、中島さん、狐塚さん、清水さんがそれぞれの作文を朗読発表されました。(中村さんは欠席)

人権町民集会03

 

記念講演 ~メッセージライブ~

  集会の最後には、視覚に障害をもちながら努力して声楽家となり、3児の母でもある田中玲子さんと、ピアニストの本間礼子さんをお招きし、『「目が見えない」これが私の個性です』と題して、歌とトークの記念講演が行われました。田中さんは、失明に至ったご経験や、夢だった音楽大学への進学の話、母になってからの家族との温かい絆などを話され、また、トークの間に歌うその歌声は、とてもやわらかく美しいものでした。大勢の方が訪れた会場は、ふたりが織りなす素敵なハーモニーにより、心温まる感動で包まれていました。

人権町民集会04

このページの先頭へ

 

11月29日(土)坂城幼稚園でお餅つき

坂幼もちつき01

  11月29日(土)、坂城幼稚園で、餅つき大会が行われました。

  園児たちの「ヨイショー!ヨイショー!」という掛け声のもと、まずはお父さんたちが大きい杵で張り切ってつき、その後が園児たちの出番。子どもたちは小さい杵を持って、見よう見まねで元気よくペッタンペッタン。お餅が出来上がるとお母さんたちにあんこやきなこ、ごまをつけてもらって、みんなたくさんのお餅をおいしそうに食べていました。

坂幼もちつき02

このページの先頭へ

 

りんごで特殊詐欺被害防止と交通安全啓発

坂小セーフティー

▲左から、千野優斗さん、仲村和也さん、山村町長、益子夏輝さん、小坂侑生さん

  千曲警察署と更埴防犯協会連合会・千曲交通安全協会、坂城小学校のセーフティーリーダーの皆さんが、特殊詐欺被害防止と交通安全の啓発活動の一環として、「サギ注意」「交通安全」の文字を入れたりんごを町にプレゼントしてくださいました。

  このりんごは、町のりんご農家さんのご協力をいただき、8月に袋掛けをし、9月に袋をはずして文字のシールを貼り、11月に収穫したものだそうです。子どもたちは、「特殊詐欺や交通事故が少しでも減るようにと願って作りました」とあいさつされました。

りんご

このページの先頭へ

 

塚田晃久さんが地方教育行政功労者表彰

塚田晃久さん

▲左から、山村町長、塚田晃久さん

  前坂城町教育委員会教育委員長の塚田晃久さんが、長年にわたり地方教育行政の充実発展に尽力された功績により、文部科学大臣から「地方教育行政功労者表彰」を受賞されました。

  塚田さんは、平成15年から坂城町教育委員として、また16年4月から25年9月までの約9年間にわたり教育委員長として、委員会の円滑な運営に努められ、学校教育の充実、生涯学習、人権教育の振興に尽力をいただきました。

このページの先頭へ

 

坂中生が東日本大震災被災地へ義援金

坂中寄附

▲左から、滝澤 樹さん、宮﨑教育長、中村千佳さん、宮原智美さん

  坂城中学校ふる里ボランティア委員会では、毎年、募金活動を行い、町から日本赤十字社を通じて東日本大震災の被災地へ義援金として贈っています。今年も9月末に開催された同校の大峰祭期間中に募金を呼び掛け、地域や保護者の皆さんに協力していただいたほか、牛乳パックを回収してお金に換え、中村千佳さん(委員長)、滝澤 樹さん(副委員長)、宮原智美さん(書記)が代表して町にお持ちいただきました。

  子どもたちのこのような地道な活動が、震災復興の一助となることでしょう。

このページの先頭へ

 

11月25日(火)金婚式おめでとうございます

H26金婚式01

  11月25日(火)、坂城テクノセンターで、第45回坂城町合同金婚式が開催されました。

  出席されたのは、今年結婚50周年を迎えられたご夫婦、13組25名(1名欠席)の皆さんです。ご結婚された50年前の1964年(昭和39年)は、東京オリンピックが開催された年で、日本は高度経済成長期の真っ只中。それからの激動の時代をご夫婦で協力して生きてこられ、坂城町や日本の発展を支えてくださいました。苦楽を共にした50年間を振り返り、連れ添った相手に深く感謝され、これからも仲良く健康に暮らしたいと話していらっしゃいました。

  いつまでもご夫婦仲良く幸せに過ごされることをお祈り申し上げます。

H26金婚式02 H26金婚式03

▲金婚者代表あいさつ  浅野井 坦さん

H26金婚式04

▲山村町長(左)より記念品贈呈

このページの先頭へ

 

11月16日(日)映画「じんじん」上映会

じんじん

  11月16日(日)、文化センターで、映画「じんじん」の上映会が開催されました。

  映画「じんじん」は、北海道中央部の旭川市の北側に位置する「剣淵町(けんぶちちょう)」を舞台に、「絵本」が紡ぐ親子の絆を描いた映画で、各地で上映実行委員会を立ち上げ、「スローシネマ方式」といった実行委員による口コミなどにより上映の輪を拡げています。当町でも、「坂城町青少年を育む町民会議」などの各種団体により坂城町映画「じんじん」上映実行委員会(実行委員長:栁澤 哲さん)を組織し、今回の上映の運びとなりました。

  絵本の里がつなぐ、心やさしい人々の無償の愛と大地に染みわたる親子の絆を描いた世界に、満員となった会場は温かな感動で包まれていました。

このページの先頭へ

 

11月15日(土)第6回ねずみ大根まつり

H26ねずみ大根まつり

▲メイン会場:さかき地場産直売所「あいさい」

  11月15日(土)、さかき地場産直売所「あいさい」をメイン会場に、第6回ねずみ大根まつりが開催されました。

  本日は、たくさんの方が来場され、あいさい特製手打ちおしぼりうどんを味わったり、ねずみ大根をはじめとした農産物・加工品や、坂城産の巨峰で醸造した巨峰ワインをお買い求めいただいたりと大盛況。また、今年は、県内外から535件もの応募があった「ねずこんアイディアコンテスト」の表彰式や、ねずみ大根おしぼりレース、ねずこんお絵描きコーナーなど、初の企画も盛り沢山で、会場は大いに盛り上がりました。

  また、別会場では恒例のねずみ大根収穫体験を開催。早朝から多くのねずみ大根ファンの皆さんが集まり、大根を袋いっぱいに詰めて、楽しみながら収穫していただけた様子でした。

▼ねずみ大根収穫体験

ねずみ大根収穫体験

 

2014巨峰ロゼワイン解禁

  毎年ご好評をいただいおります「巨峰ロゼワイン」。今年は、デミ(ハーフ)ボトルも用意し、本日解禁したところ、大勢のお客様でワイン販売のテント前には行列ができました。

  このワインは、びんぐし湯さん館か、坂城町振興公社のホームページでご購入いただけます。

▼巨峰ロゼワイン発売開始

2014巨峰ロゼワイン解禁

このページの先頭へ

 

11月15日(土)第7回坂城駅前ふーど市開催

第7回ふーど市

  11月15日(土)、坂城駅前多目的広場で、坂城町商工会商業部会による第7回ふーど市が開催されました。

  今回は、恒例の肉、魚、野菜などの生鮮食品の特売に加えて、懸賞付きプレミアム商品券や、坂城産巨峰で醸造した巨峰ワインの販売、169系電車内で、語りと読み聞かせの団体「おはなしももたろう」の皆さんによる絵本の読み聞かせと、子どもたちに電車の中をクリスマスに飾り付けてもらいました。

このページの先頭へ

 

11月12日(水)南条保育園 りんご収穫体験

南条保育園りんご収穫体験

  11月12日(水)、坂城町南条中之条農業資源維持向上管理機構主催(代表:塩入重信さん)による南条保育園児のりんご収穫体験が、南条中村農園で行われました。

  同機構は、地域農業の維持向上のために今年度立ち上げられた団体で、その目的の一つでもある「未来を支える子どもたちに、農業に接し、関心を持ってもらう」ために、今回の収穫体験が企画されました。

  参加したのは同保育園の年中さんたち約40名です。大きく育ったりんご(ふじ)を目にすると、とてもはしゃいだ様子で、「おっきい」「おいしそう~」などとうれしそうに話しながら収穫していました。園児たちが収穫したりんごは、それぞれ自宅におみやげとして持ち帰り、その他にも保育園のおやつ用にたくさんのりんごがプレゼントされました。

このページの先頭へ

 

11月7日(金)保育園児がねずみ大根収穫体験

保育園児が大根収穫体験

  11月7日(金)、ねずみ大根振興協議会主催(会長:山﨑進一さん)による町内保育園児のねずみ大根収穫体験が行われました。

  本日参加したのは各保育園の年長さんたち約80名で、山﨑会長から大根の採り方の説明を聞くと、約40アールの畑に元気いっぱいに飛び出しました。大きく育った大根は採るのも大変でしたが、地面からスポッと抜けた時は、「でっかいのとれた!」と満面の笑みで大喜び。採った大根は、協議会の方に葉っぱを切り落としてもらいました。収穫が終わると、応援に駆けつけたねずこんと遊んで、ねずみ大根のおやきを食べて、袋いっぱいに詰まった大根をうれしそうに持ち帰りました。

このページの先頭へ

 

11月4日(火)長野銀行様からご寄付をいただきました

長野銀行寄付

▲左から、山村町長、(株)長野銀行 常務取締役 清水秋雄さん

  11月4日(火)、(株)長野銀行の清水秋雄常務取締役が来庁され、同行が実施している、県内各地の観光資源を応援し、地域の活性化を図る地域応援キャンペーンの一環として、さかき千曲川バラ公園の維持管理のためのご寄付をいただきました。厚くお礼申し上げます。

このページの先頭へ

 

第15回坂城町大菊花展  11月7日(金)まで  

H26大菊花展01

  11月7日(金)まで、文化センター大会議室を会場に、坂城町菊花愛好会主催による「第15回坂城町大菊花展」が開催され、約400点の、気品高く、愛情をいっぱいに込められた菊の鉢植えなどが一堂に展示されています。

今年の受賞者は下記のとおりです(敬称略)

特別賞

  • 堀内依子(四ツ屋)
  • 金子袈裟幸(網掛)
  • 玉井久子(上平)
  • 栁沢東子(上平)
  • 中沢慈子(四ツ屋)

金賞

  • 坂城町長賞
    中沢袈裟則(横町)
  • 坂城町議会議長賞
    依田蒔子(横町)
  • 坂城町教育長賞
    坂城小学校
  • ちくま農業協同組合代表理事組合長賞
    小宮山良子(網掛)
  • 坂城町商工会賞
    澤田とし枝(網掛)
  • 坂城郵便局長賞
    塚田花子(中之条)
  • 坂城町農業委員会長賞
    丸山和子(中之条)
  • テクノハート坂城協同組合理事長賞
    西澤  勤(入横尾)
  • 坂城町菊花愛好会長賞
    宮島祐夫(金井)

奨励賞

  • 小宮山光子(網掛)
  • 中城よし子(中之条)
  • 村上小学校
  • 南条小学校
  • 大橋けい子(上平)

表彰式の様子

▼坂城町長賞  中沢袈裟則さん(左)

H26大菊花展02

▲坂城町教育長賞  坂城小学校(左)

このページの先頭へ

 

11月1日(土)さかきふれあい大学 鈴木秀子先生

鈴木秀子先生

▲写真上:鈴木秀子先生

  11月1日(土)、文化センターで、さかきふれあい大学教養講座が開かれ、聖心女子大学教授で、国際コミュニオン学会名誉会長の鈴木秀子先生に、「幸せに生きるための秘訣」を演題にご講演をいただきました。

  鈴木先生は、まず、東日本大震災や阪神淡路大震災などの被災地を支援するために訪れた際、現地の人から聞いた話や、ご自身が体験したエピソードをいくつか話され、これらの話には共通して人間の本質的な部分が現れているとおっしゃいました。それは、「生きるか死ぬか、本当に危険な状況にある人間は、必ず周りの人を助けようとし、やさしさに溢れている」とのことです。そして、「人間は、ゆとりがあると欲が出てしまうが、自分の命が危険になると周りの人間を幸せにしようとする、それが自分の命を救うことにもなる」と話されました。

  また、幸せに生きるためには、「今目の前にあることが当たり前と思っている『家庭、食事、健康、仕事など』について、朝目覚めた時や夜寝る前に、それがあることに喜び感謝すること。自分を犠牲にせず、自分の気持ちの中で楽しい思いを作り上げていくこと。自分の思い込みを手放すこと」が大切だとおっしゃられました。

  会場には町内外から約180名の聴講者が訪れ、鈴木先生のお話に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

ページの先頭へ