このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成26年度のできごと >
  5. 平成26年4月のできごと


平成26年4月のできごと

4月29日(火)健闘! 長野県市町村対抗駅伝

H26市町村対抗駅伝

▲写真(上)小学生の部、(下)一般の部

  4月29日(火)、松本平広域公園陸上競技場を中心会場とした第24回長野県市町村対抗駅伝競走大会と第10回長野県市町村対抗小学生駅伝競走大会が開催されました。

  当日は、小雨も降る中、坂城町の選手たちも健闘しました。小学生駅伝大会では、4区間(6.0km)を町内小学生4名がたすきをつなぎ、22分06秒で、町の部1位(総合6位)となり、町の部の連覇を果たしました。市町村対抗駅伝では、町内の中学生から社会人の8名で、8区間(38.545km)を走り、2時間24分01秒で、総合41位で昨年より8つ順位を上げました。

このページの先頭へ

 

町道沿いの芝桜が綺麗に咲いています

芝桜

▲旧貞明保育園周辺

  旧貞明保育園周辺では、中之条街路緑化会(中之条25組合)の皆さんが昨年植えた芝桜が見事に咲いて産業道路を彩っています。お近くにお寄りの際はぜひご覧ください。

このページの先頭へ

 

4月27日(日)お茶を楽しむ 第25回合同茶会

春の合同茶会01

  4月27日(日)、春のやわらかい木漏れ日が差す中、文化の館で第25回合同茶会が開催され、大勢の方が参加されました。

  本席(屋内)では裏千家、野点席(屋外)では江戸千家による茶席が行われ、参加された皆さんは、美味しいお茶とお菓子、また掛物、花入、茶器などを楽しみ、のどかな時間を過ごしていらっしゃいました。

春の合同茶会02-06

このページの先頭へ

 

栁沢眞樹さんが高齢者叙勲を受章

栁沢眞樹さん受章

▲左から、山村町長、栁沢眞樹さん

  元坂城町議会議長の栁沢眞樹さんが、高齢者叙勲(旭日單光章)を受章され、4月24日(木)に山村町長から伝達を受けられました。

  栁沢さんは、昭和54年から平成7年までの間、4期16年にわたり町議会議員として在職し、平成3年5月からの2年間は議長として円滑な議会運営に尽力されました。また、各常任委員会委員長、監査委員、選挙管理委員会委員長などを歴任され、町の産業振興、教育文化、生活環境、福祉の向上に多大な貢献をされました。

このページの先頭へ

 

4月23日(水)森林への感謝を 坂城町植樹祭

H26植樹祭01

  4月23日(水)、上平の小網山町有林で、平成26年度坂城町植樹祭が開催されました。

  植樹祭は、森林への感謝と緑豊かな町づくりを推進するために町内の森林で毎年行われています。林業関係者や一般の方などが参加し、急な斜面をどんどん登って、事前に林業委員の皆さんが目印の割り箸を立てておいた箇所に約800本のヒノキを植樹しました。また、作業終了後には、参加者にとん汁とおにぎりが振舞われました。

▼植樹祭を記念して標柱を建てました

H26植樹祭02-05

このページの先頭へ

 

4月20日(日)千曲川クリーンキャンペーン

H26千曲川クリーンキャンペーン01

  4月20日(日)、坂城ライオンズクラブ主催の「千曲川クリーンキャンペーン」が開催されました。

  この活動は、生活に欠かすことの出来ない水を供給するとともに、かけがえのない「自然遺産」である千曲川を、これからも大切に引き継いでいくための環境美化活動です。午前7時から、埴科用水頭首工周辺、大望橋周辺、鼠マレットゴルフ場周辺の3会場で行われ、子どもからお年寄りまで大勢の方が参加されました。収集されたごみは、可燃ごみや瓶、缶、ペットボトルのほかに、タイヤ、テレビなどの粗大ごみも多くありました。

  ごみの不法投棄は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止され、違反すると厳しく罰せられます。町では、不法投棄防止パトロールの実施や、町内自治区のご協力を得て、県や警察と連携しながら、現場を発見した場合は厳しく指導するなどして対処しています。ごみの不法投棄は絶対にやめてください!

H26千曲川クリーンキャンペーン02-04

このページの先頭へ

 

「SAKAKIの美術家7人展」が開催中です!

SAKAKIの美術家7人展01

  4月19日(土)から6月15日(日)まで、鉄の展示館で、全国を舞台に活躍している町ゆかりの美術家たちによる「SAKAKIの美術家7人展」を開催しています。

  日本画院同人で名誉顧問である【日本画】の塩野入大賢さん、心芸墨美作家協会理事長・産経国際書会副理事長である【書】の岩浅写心さん、帝国華道院評議員で第一美術協会彫塑部審査員・部門委員(代表)である【彫刻(オブジェ)】の若林武新さん、第一美術協会審査員・運営委員である【洋画】の浦野資勞さん、人間国宝故宮入行平刀匠の長女で【金工】の宮入鏡さん、同じく宮入刀匠の次男で公益財団法人日本刀文化振興協会専務理事の【日本刀】の宮入小左衛門行平さん、そして、宮入刀匠の三女で公益社団法人日本工芸会正会員の【染織】の宮入映さん、この7人は坂城町が誇る美術家です。

  本展では、7つの分野の第一線で活躍している郷土の現代美術家たちの至高の作品が展示されていますので、ぜひ鉄の展示館にお越しいただき、ゆっくりとご堪能ください。

 

▼写真右から、浦野資勞さん、宮入小左衛門行平さん、若林武新さん、山村町長、岩浅写心さん、宮入鏡さん、宮入映さん、宮崎教育長

SAKAKIの美術家7人展02-05

このページの先頭へ

 

4月18日(金)びんぐし湯さん館開館12周年

湯さん館12周年01

▲春日てるさんに感謝の花束を贈呈

  4月18日(金)、平成14年4月に開館して以来、多くの皆さんにご利用いただいているびんぐし湯さん館が開館12周年を迎え、その記念イベントが催されました。

  イベントには、ねずこんがお祝いに駆けつけ、「坂城町の歌」をお客様全員で合唱したほか、ジェラートのプレゼント、マッサージの割引などの記念サービスが行われました。

  また、湯さん館は、来館者が3,333,333人を突破したことを記念して、来館者を代表して北日名の春日てるさん(102歳)に感謝の花束を贈呈しました。

湯さん館12周年02-04

このページの先頭へ

 

4月17日(木)ベビーカーを贈呈

第2期ベビーカー贈呈式

  4月17日(木)、保健センターで、 昨年コンビ(株)の松浦康雄名誉会長から町にご寄贈いただいたベビーカーの第2期贈呈式が行われました。

  当選されたのは、池田恭子さん、宮尾みさきさん、西澤裕紀乃さん、岩下 愛さん、小山紗矢香さんの5名で、山村町長から1台ずつプレゼントされました。元気な赤ちゃんを産んで初めての子育てに役立ててください!

このページの先頭へ

 

4月17日(木)「地域づくり活動支援事業」選考会で18自治区の事業に助成を決定

H26地域づくり活動支援事業

  4月17日(木)、役場講堂において「地域づくり活動支援事業」の事業選考会が開催され、各区の特性を活かした18の助成事業が決定しました。

  この事業は、自律と協働のまちづくりに向けて、各区が創意と工夫によって行う地域づくり活動を支援するもので、これまでに伝統文化の継承や交流の場づくり、地域の環境整備など多くの事業が実施されました。

  選考会は一般公開され、申請した区の代表の皆さんは、選考委員に対し事業計画の説明や必要性をアピールし、選考委員は公益性、自主性、発展性、地域性、独創性などの視点により事業の審査を行いました。

このページの先頭へ

 

4月12日(土)テクノセンター20周年記念行事

テクノセンター20周年01

▲セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長  鈴木敏文さん

  4月12日(土)、坂城テクノセンターで、「坂城テクノセンター設立20周年記念行事」が開催されました。

  坂城テクノセンターは、平成5年に開設され、坂城町の工業の中核として、産学官の連携を図りつつ、技術開発の支援、人材育成、企業間交流、情報提供など町の工業の発展に努め、昨年11月に設立20周年を迎えました。本日は、その記念行事として、坂城町の名誉町民であり、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長の鈴木敏文さんにご挨拶をいただき、その後町内企業5社の社長の皆さんによるパネルディスカッションが行われました。

 

  鈴木会長は、消費税増税による小売業界の動きや、消費者の嗜好の変化について話され、「以前は安価で同じ商品でも売れ続けたが、現代は生活レベルが上がったことで、新しい商品や良い商品でないと売れなくなった。売り手は、過去の経験を元に次の商品を考えがちだが、消費者の嗜好が変わってきていることを認識し、常に世の中の変化を頭において物事にあたらなければならない」とおっしゃられました。

 

  パネルディスカッションは、「坂城町工業の今後の発展を考える」をテーマに行われ、山村町長がコーディネーターを務めました。

パネリスト

  • 竹内明雄さん  (株)竹内製作所 代表取締役社長
  • 宮後睦雄さん  宮後工業(株) 代表取締役社長
  • 佐藤洋子さん  力石化工(株) 代表取締役社長
  • 依田穂積さん  日精樹脂工業(株) 代表取締役社長
  • 桜井雅史さん  (株)桜井製作所 代表取締役社長

  パネリストの皆さんは、山村町長の進行のもと、自社の現状や業績、後継者の育成などについてそれぞれ話されました。また、坂城町の工業が今後さらに発展するためにはどうしたらよいか聞くと、「住工が一体化する町として内外にアピールすること」「企業の誘致を図ること」「消費者の要望に応えて質の良い物をつくること」「テクノセンターを中心に働きがいのある町になるよう挑戦すること」「常に先取りできるよう意識改革し一団となること」が重要とお答えいただき、会場一杯に集まった聴講者の皆さんも今後の町の工業の発展に期待を寄せられました。

▼パネルディスカッション

テクノセンター20周年03-09

このページの先頭へ

 

逆木通りのコブシ並木が満開です!

コブシ

  桜に先駆けて、逆木通りのコブシ並木が満開となりました!

  文化センターなど、近くにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

このページの先頭へ

 

ふるさと歴史館の杏と古雛をご覧ください

H26歴史館杏

▲坂木宿ふるさと歴史館

  4月13日(日)まで「第9回坂城古雛まつり」を開催している坂木宿ふるさと歴史館の杏が見頃となっています。まつり期間も残りわずかとなりました。満開の杏と古雛を両方楽しめるのはあと2日間のみです。この週末はぜひ坂木宿ふるさと歴史館へお越しください。

 

  また、昨年より遅咲きとなりましたが、町内でも桜が咲き始めました。御堂川沿い、谷川沿い、吉野健康広場、びんぐしの里公園など、町内の桜の名所もこれからどんどん開花していくことでしょう。満開の桜の下でのお花見も楽しみですね。

▼南条小学校

H26南小桜

このページの先頭へ

 

坂城駅前観光マップが新しくなりました!

城駅前観光マップ02

▲(右)新しい駅前観光マップ

  坂城駅前観光マップが新しくなりました。

  このマップは、坂城駅から徒歩で行ける町の主な観光スポット、坂木宿ふるさと歴史館、坂城町文化財センター、鉄の展示館、169系車両などを案内しています。坂城駅から各施設を巡りたい時などにご利用ください。

坂城駅前観光マップ02

このページの先頭へ

 

4月9日(水)新入社員人権同和研修

H26新入社員研修01

  坂城町中小企業能力開発学院主催による、今年度町内企業等に入社した新入社員を対象とした「平成26年度新入社員研修会」が4月7日から9日まで坂城テクノセンターで行われました。

  9日(水)には、人権同和教育研修が行われ、(株)コミュニケーションズ・アイ代表取締役の伊藤かおるさんを講師にお招きし、「支え合う職場、声を掛け合う職場  ~職場の人権と心の健康~」と題してご講演いただきました。伊藤さんは、これからの社会人生活における職場での付き合い方や、ストレス、ハラスメントなどについて話され、参加した約60名の新入社員の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

▼伊藤かおるさん

H26新入社員研修02

このページの先頭へ

 

4月4日(金)入学おめでとう!小中学校入学式

H26坂小入学式

▲坂城小学校入学式

  4月4日(金)、町内小中学校で入学式が行われ、南条小に65名、坂城小に44名、村上小に40名、坂城中に123名の子どもたちが入学しました。

  坂城小学校では、児童会長が歓迎の挨拶の中で、これから小学校でやることなどを紹介すると、新入児童たちは目を輝かせて聞いていました。また、坂城中学校では、厳粛な雰囲気の中式が進められ、新入生を代表して滝沢さんが中学校生活での抱負を語られました。

  新入児童・生徒の皆さん、ご入学おめでとうございます。勉強に、部活に、友達作りにがんばってください!

▼坂城中学校入学式

H26坂中入学式

このページの先頭へ

 

4月2日(水)町内保育園で入園式

H26坂保入園式

  4月2日(水)、町内保育園の入園式が行われました。(写真は坂城保育園)

  今年度、町内の保育園と坂城幼稚園に入園するのは113名(内、南条保育園34名、坂城保育園32名、村上保育園21名、坂城幼稚園26名)の子どもたちです。新入園児たちは、新しいお友達とさっそく仲良くなり、これからの保育園生活に胸踊らせていました。

このページの先頭へ

 

新たに赴任された先生方をご紹介します

H26着任教職員

  4月1日(火)、役場講堂で、今年度から町内小中学校に新たに赴任された教職員の先生方が着任の挨拶をされました。

  学校ごとに各校長から赴任された先生方が紹介され、その代表として坂城小学校の清水校長と坂城中学校の會田校長が新天地での抱負を語られました。

  これから坂城町の子どもたちのためにご尽力をいただきます。よろしくお願いします。

 

このページの先頭へ

 

国道18号に歩道橋(側道)ができました

国道側道橋01

  国道18号四ッ屋跨線橋側道橋(田町信号の南側、坂城町交番の北側)が、国土交通省長野国道事務所により設置されました。

  これは、しなの鉄道を跨ぐ歩道として設置さたもので、「耐候性鋼材」という材料を使用しています。「耐候性鋼材」とは、普通鋼材に適量の銅、クロム、ニッケルなどの合金元素を添加することにより、大気中で適度な乾湿の繰り返しを受けると、鋼材表面に緻密なさび層が生成される特性を有し、これにより、「さび」の進展が抑制され、塗装せずに使用することが可能な鋼材です。

  歩道は、すでに通行できますのでご利用ください。

国道側道橋02-03

ページの先頭へ