このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成25年度のできごと >
  5. 平成26年3月のできごと


平成26年3月のできごと

3月30日(日)第31回将棋大会

H26将棋大会

  3月30日(日)、文化センターで、町公民館と町文化協会将棋連盟主催による第31回坂城町将棋大会が開催され、子どもからお年寄りまで約50名の愛好家の皆さんが参加しました。

このページの先頭へ

 

3月27日(木)中沢巳木さん 土地改良で表彰

中沢巳木さん

▲左から、山村町長、中沢巳木さん

  上沖土地改良区理事長の中沢巳木さんが、永年土地改良事業に貢献され、3月25日に全国土地改良事業団体連長会長から表彰されました。

  中沢さんは、平成9年に同改良区理事長に就任されて以来16年に渡り、町の農業を代表するぶどう栽培を支えてこられました。また、農業が果たしている多面的機能について、地域住民とともに考えるために始められた「21世紀土地改良区創造運動」の一環として、坂城小学校の総合学習の時間に、町の農業の推移や先人たちの知恵など農業の基本や現地でのポンプによるかん水の様子などを児童に教えてこられました。この活動は、今年の7月にも予定されており、13回目を数えます。

  今回の表彰は、これらの活動が評価されたもので、中沢さんのように土地改良区の役員個人が表彰されるのは、稀なこととのことです。

このページの先頭へ

 

村上小学校6年生がこどもエコクラブで優秀賞

村上小学校こどもエコ

  村上小学校6年生が、「こどもエコクラブ」(環境省所管)の活動として、ホタルの生息地域の保護や自然エネルギーの学習について壁新聞にまとめ、3月23日(日)に早稲田大学で開催された「こどもエコクラブ全国フェスティバル2014」において、「東洋ライス賞(優秀賞)」を受賞しました。

  児童たちは、4年生の時から学校近くを流れる福沢川のホタルの生息について学習してきました。ホタルの生息を増やすために、きれいな福沢川を保っていこうと地域への協力を依頼したり、ホタルを鑑賞するナイトミュージアムを開催するなど、その活動は幅広く、児童がホタルの生息数を数えていたこの3年間で、福沢川でのホタルの数は約3倍にもなったそうです。また、昨年度の同校の改修工事の際に設置された太陽光発電装置についても学習し、そういった自然エネルギーの学習も評価されました。

このページの先頭へ

 

3月25日(火)中学生の絵が「あいさい」の顔に

あいさい看板

  3月25日(火)、さかき地場産直売所「あいさい」の正面看板の左右に、坂城中学校の生徒が作成した絵が飾られ、その除幕式が行われました。

  この絵画は、「あいさい」組合員の皆さんが、「直売所の正面に何か華やかなものを添えられないか」という発案のもと、坂城中学校に依頼したところ、美術部の生徒の皆さんが約2か月を要して製作したものです。

  除幕式には、「あいさい」の三井組合長ほか理事の方々をはじめ、町理事者、坂城中学校美術部22名の生徒の皆さんが出席しました。美術部の田村くるみ部長は、「デザインは、お客様の目からどう見えるのかを考えてアイディアを出し合い、部活動の時間以外でも朝早くから集まって作製し、部員一人ひとりが成長することができました。この機会をいただいたことに感謝しています」と挨拶され、三井組合長は「これからのあいさいの顔として大切にしていきたい」とお礼の言葉を述べられました。

  地域の発展のためにご協力いただきありがとうございました。爽やかな気持ちで買い物を楽しんでいただけるよう、正面に設置されておりますので、皆様の益々のご来場をお待ちしております。

このページの先頭へ

 

3月23日(日)白熱! 第31回囲碁大会

H26囲碁大会01

  3月23日(日)、文化センターで、町公民館と町文化協会囲碁クラブ主催による第31回坂城町囲碁大会が開催され、約20名の方が参加し、白熱した対局が繰り広げられました。

このページの先頭へ

 

3月22日(土)笑顔の門出 保育園卒園式

南保卒園式

  3月22日(土)、町内の保育園で卒園式が行われました。(写真は南条保育園)

  今年、町内の保育園・幼稚園を卒園するのは136名で、内訳は、南条保育園が48名、坂城保育園が27名、村上保育園が28名、坂城幼稚園が33名です。子どもたちは、ドッジボールや運動会など、保育園で楽しかった思い出を一人ひとり発表し、園長先生から保育証書を授与されると、「ありがとうございました!」と元気よくあいさつしていました。これからの成長がとても楽しみです。

このページの先頭へ

 

3月19日・20日 日本刀の実践講座

日本刀実践講座01

  3月20日(木)、中心市街地コミュニティセンターで、公益財団法人日本刀文化振興協会主催による「長野県の学芸員のための日本刀講座」が開催されました。

  この講座は、県内の美術館・博物館の学芸員を対象としたものですが、一般の方も参加できるように開かれ、「日本刀概論」や「日本刀鑑定の基礎知識」などの講義と「日本刀の鑑賞方法」などの実習を、大勢の方が見学されていました。

日本刀実践講座02-03

このページの先頭へ

 

3月19日(水)町内小学校卒業式と転退職される先生方

H26南条小学校卒業式

  3月19日(水)、町内の各小学校で卒業式が行われました。(写真は南条小学校)
  今年の卒業生は、南条小学校が46名、坂城小学校が42名、村上小学校が43名、計131名です。卒業生たちは真新しい制服に身を包み、卒業証書授与で校長先生から名前を呼ばれると元気よく返事をし、その姿は実に凛々しいものでした。中学校ではさらに充実した日々を送り、大きく成長するよう頑張ってください。

  また、今年度で町内小中学校を転退職される先生方が来庁されました。
  坂城小学校の若林校長先生が定年退職、坂城中学校の山本校長先生が転任されるほか、18名の先生方が転退職されます。若林、山本両校長先生からご挨拶があり、「坂城町の子は坂城町で育てる、という理念を通じ子ども達の健やかな成長に携わることができた」と話されました。
  坂城の子どもたちのために、これまで熱心に教育してくださり本当にありがとうございました。先生方の今後益々のご活躍をお祈りしております。

H26転退職される先生方

このページの先頭へ

 

3月18日(火)旅立ちの日 坂城中学校卒業式

H26坂中卒業式

  3月18日(火)、坂城中学校の卒業式が行われ、127名(男子61名、女子66名)が旅立ちました。

  式は厳粛な雰囲気のなか行われ、卒業生は、山本校長先生から卒業証書を一人ずつ授与されました。校長先生は、式辞で、3年間の思い出や新天地へ挑戦する彼らへの激励の言葉を述べられました。

  彼らの未来が光り輝くものであることを願います。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

このページの先頭へ

 

3月16日(日)169&ろくもん講演会

169&ろくもん講演会01

▲しなの鉄道(株)専務取締役  山田 隆さん

  3月16日(日)、中心市街地コミュニティセンターで、「169&ろくもん講演会」が開催されました。

  第1部では、しなの鉄道(株)専務取締役の山田 隆さんに「しなの鉄道観光列車『ろくもん』による地域振興」と題してご講演をいただきました。しなの鉄道では、今年の7月から「ろくもん」という名の観光列車を走らせます。これは、「県産の木材を使った快適でぬくもりのあるラウンジ風の空間で、軽井沢から長野に至るしなの鉄道沿線地域の特色ある景観、歴史・文化、食などを満喫できる旅を提供すること」をコンセプトとした列車です。デザインは、JR九州の観光列車「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治氏によるものです。山田さんは、「ろくもん」の魅力を紹介し、地域振興のためにも様々なサービスを行い、「みんながワクワクした気分で乗りたくなるような列車にしたい」と話されました。

  第2部では、169系電車に様々な形で携わってきた方々から169系電車についての思い出話などを話していただきました。パネリストは、JR東日本(株)金子万文さん、JROBの柳澤敏明さん、国鉄OBの竹内 剛さん、しなの鉄道(株)戸倉駅長の酒井彦弥さんです。現場の方にしかわからない貴重なお話や169系に対する深い思いなど盛りだくさんの内容で、会場の皆さんは興味津々で聴いていらっしゃいました。

▼左から、金子万文さん、柳澤敏明さん、竹内 剛さん、酒井彦弥さん

169&ろくもん講演会02

このページの先頭へ

 

3月15日(土)・16日(日)第21回美術展

H26春の美術展

   3月15日(土)、16日(日)に、文化センター体育館で、坂城町文化協会主催による「第21回美術展」が開催されています。

  絵画、書道、華道、写真、小中学生の書初め(優秀作品)の他、今年は初めて坂城高校美術部の作品も展示されています。様々なジャンルの素晴らしい作品をぜひご覧ください。

このページの先頭へ

 

3月14日(金)消防団新体制へ

H26任命式01

  3月14日(金)、役場講堂で、平成26年度消防団任命式が行われました。

  新団長として松本幸男さんが山村町長から任命を受け、また、副団長に今井正人さんと鈴木 清さん、分団長、副分団長、班長、新入団員の皆さんが、松本新団長からそれぞれ任命を受けました。本部、各分団新体制のもと、町民の安心・安全な生活を守るため活動していきます。

新本部(敬称略)

  • 団長  松本 幸男
  • 副団長  今井 正人
  • 副団長  鈴木 清

新分団長(担当地区)  敬称略

  • 第1分団  坂田 和也(鼠・新地)
  • 第2分団  塩入   誠(金井)
  • 第3分団  浅井 隆志(入横尾・泉・町横尾)
  • 第4分団  岡本 拓也(中之条)
  • 第5分団  天田 健一郎(四ツ屋・御所沢・田町・戌久保)
  • 第6分団  中澤   光(南日名・北日名・和平)
  • 第7分団  渡邉   豊(横町・立町・込山・旭ヶ丘)
  • 第8分団  丸山 修一(日名沢・大宮・新町・坂端・苅屋原)
  • 第9分団  塩野入 浩介(網掛・小網・月見)
  • 第10分団  竹内 栄雄(上五明)
  • 第11分団  平林 慎吾(上平)
  • ラッパ分団  西原 健太(本部付)


H26任命式02-04

このページの先頭へ

 

3月10日(月)合同企業説明会 in 坂城町

合同企業説明会01

  3月10日(月)、坂城テクノセンターで、テクノハート坂城協同組合主催による「合同企業説明会 in 坂城町」が開催されました。

  この説明会は、2015年3月卒業の大学院・大学・短大・高専・専門学校生及び既卒3年以内の方を対象としたもので、坂城町の企業14社が参加しました。説明会だけでなく、工場見学会や就職活動に役立つ「就活ゼミ」も行われ、参加した皆さんは、真剣な眼差しで人事担当者の話を聞き、企業の概要について積極的に質問していました。

このページの先頭へ

 

3月9日(日)消防第4分団の新消防車お披露目

第4お披露目01

  3月9日(日)、中之条公民館で、坂城町消防団第4分団の新しい消防ポンプ自動車のお披露目式が行われました。

  第4分団は、中之条区を管轄しており、地域の安心・安全のため災害対応はもとより、各種警戒や予防広報運動を実施しています。今回最新の消防車に更新したことにより、地域防災力はさらに向上されました。

第4お披露目02

このページの先頭へ

 

3月8日(土)「坂城町の歌」「ねずこんの歌」発表

坂城町の歌発表会01

▲「坂城町の歌」の合唱

  3月8日(土)、文化センターで、坂城町文化協会創立30周年記念事業として制作された「坂城町の歌」の発表会が行われました。

  文化協会では、「坂城町の歌」の制作にあたり、歌のイメージのアンケートや、歌詞の公募を行い、作曲家の安藤由布樹先生に歌詞選考や曲作りのアドバイスをいただきました。歌詞は、約50作品が応募された中から最優秀賞に北海道の朝倉 修さん、優秀賞に滋賀県の井上久雄さんの作品が選ばれました。また、応募作品の中に唯一小学生が作詞したものがあり、安藤先生はそのかわいらしさに目をとめられ、特別賞として「ねずこんの歌」を作曲してくださいました。作詞者は、坂城小学校4年生の深町 悠さんです。この2つの歌は、本日、文化協会から坂城町へ贈呈されました。

坂城町の歌発表会02-05

 

  歌の発表では、坂城コーラスの皆さんと町内小学校の児童の皆さんが、2つの歌を合唱してくださり、「ねずこんの歌」の際は、ねずこんも登場して華麗なダンスを披露してくれました。また、会場の皆さんにも歌を覚えていただいて、最後には全員で大合唱をすることができました。

坂城町の歌発表会06-09

このページの先頭へ

 

第9回坂城古雛まつり開催中!

第9回古雛まつり01

▲坂木宿ふるさと歴史館

  坂木宿ふるさと歴史館、鉄の展示館及び坂城駅前商店街で、4月13日(日)まで開催しています。県下最大級の大型享保雛をはじめ、江戸期から昭和初期頃までの雛人形やつるし飾りが展示されています。

  3月中の毎週日曜日にはふるさと歴史館での「坂木宿とお雛さまをめぐるガイドツアー」や「抹茶無料接待(午前10時~午後3時)」も行っていますので、ぜひご来場ください!

 

▼坂木宿ふるさと歴史館

第9回古雛まつり02-05

▼鉄の展示館

第9回古雛まつり06-09

▼お雛さまと坂木宿をめぐるガイドツアー

第9回古雛まつり10

このページの先頭へ

 

3月3日(月)信州ブレイブウォリアーズが坂中生と交流

信州ブレイブウォリアーズ01

  3月3日(月)、坂城中学校で、バスケットボールのbjリーグに参戦しているプロバスケットチーム「信州ブレイブウォリアーズ」の選手が、同校のバスケットボール部との交流しました。

  この事業は、長野広域連合が実施している「出張スポーツ交流事業」の一環で、長野県を拠点とする、サッカーのACパルセイロ、野球の信濃グランセローズ、そしてバスケットの信州ブレイブウォーリアーズの選手が市町村の子ども達と交流するものです。

  来校されたのは、上田貴浩選手、花野文昭選手、ジュニアユースの藤川コーチ3名で、ディフェンスをメインに指導していただき、部員たちは真剣な表情で取り組んでいました。交流の最後には、上田選手、花野選手、藤川コーチの3名対生徒5名でのミニゲームを行い、両選手の3ポイントシュートが目の前で決まったり、リバウンドを競ったりと、プロ選手と対戦できる貴重な体験ができました。


信州ブレイブウォリアーズ02-03

このページの先頭へ

 

3月1日(土)子ども茶の湯教室開催

子ども茶の湯01

  3月1日(土)、文化の館で、子ども茶の湯教室が開催されました。

  この教室は、子どもたちに茶道を体験してもらうために毎年行われており、今年も20名の子どもたちが参加しました。講師は、裏千家淡流会の山崎宗令先生で、子どもたちは、礼儀作法、お茶のいただき方、簡単なお茶のたて方などを学びました。

子ども茶の湯02-03

ページの先頭へ