このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成25年度のできごと >
  5. 平成26年2月のできごと


平成26年2月のできごと

2月25日(火)3Dプリンタ利用説明会

3Dプリンタ利用説明会01

▲3Dプリンタ

  2月25日(火)、坂城テクノセンターで、同施設に導入された3Dプリンタの利用説明会が開催されました。

  公益財団法人さかきテクノセンターでは、「ものづくりのまち坂城」のさらなる発展のため、企業等の皆さんが利用できるよう高性能の3Dプリンタを導入しました。3Dプリンタとは、工法、大きさ、材料を問わず、デジタルデータから素材を積み上げて立体物を作る装置です。導入されたのは、細かい幅で積層し、造形スピードが早い高性能なものです。

  町内のみならず、町外の企業等でもご利用いただけますので、ご希望の方は、さかきテクノセンターホームページから依頼書をダウンロードしてお申し込みください。

3Dプリンタ利用説明会02-04

このページの先頭へ

 

2月25日(火)役場ペレットボイラー竣工式

ペレットボイラー竣工式01

▲木質ペレットボイラー

  町では「坂城スマートタウン構想」を掲げ、地域全体の電力の有効利用や再生可能エネルギーの活用などを、複合的に組み合わせた地域をめざし、再生可能エネルギー等をネットワークで結び、エネルギーをコントロールできる仕組みの構築を進めています。
  この一環として、役場庁舎においては、熱エネルギーの確保や循環型社会への対応を考慮し、今年度、「長野県グリーンニューディール基金事業補助金(公共施設再生可能エネルギー等導入推進事業)」により、バイオマスボイラー(ペレットボイラー)を導入し、本日(2月25日)竣工式が行われました。これにより、防災面、環境面、地域経済面において下記のような高い効果が見込まれます。

導入効果

  • 燃料が木材であり、木材が吸収したCO2量とその木材を燃焼させた時のCO2排出量が等価であるという「カーボンニュートラル」といった特性から、電力・ガスを合わせた役場の総エネルギーに対するCO2年間排出量(233t)において、約31%の削減効果が見込まれています。
  • 燃料となる木質ペレット材は、当地域内事業所からの供給を予定しており、地域内経済循環効果が期待されます。
  • 燃料費の面で、木質ペレット材は灯油より安価であり、庁舎暖房においては、灯油と比較して約21%の削減が見込まれています。

ペレットボイラー竣工式02-05

このページの先頭へ

 

2月22日(土)新春経済フォーラム

新春経済フォーラム01

▲石川憲一先生

  2月22日(土)、坂城テクノセンターで「新春経済フォーラム」が、金沢工業大学学長の石川憲一先生を講師にお迎えして開催されました。(坂城町、坂城町商工会、テクノハート坂城協同組合との共催)

  石川先生は、「近年の大学改革の概要と金沢工業大学における教育改革  ~ヒトづくりとモノづくり~」を演題に、最近の日本における教育改革と将来に向けた展望、人や社会に役立つものづくりができる「イノベーション力の育成」に視点を置く金沢工業大学の取組について詳しくお話しくださいました。

新春経済フォーラム02

このページの先頭へ

 

2月21日(金)除雪作業 土日も継続して実施

大雪除雪01

▲大型作業車による除雪作業(田町)

  2月14日(金)から降った雪の除雪作業は、大型作業車及び町内の建設業者などにより、現在も町内の幹線道路を中心に行っています。鼠橋~産業道路~田町十王堂の区間はほぼ終了し、22日(土)、23日(日)も継続して実施します。

  なお、地域内の生活道路の除雪は、引き続き町民の皆様のご協力をお願いします。


大雪除雪02-03

このページの先頭へ

 

村上ドッジAが北信越大会へ出場!

村上ドッジ北信越へ

▲左から、小林範夫さん(代表)、宮澤海翔さん、山村町長、永井 陸さん、北澤 遼さん

  坂城町ドッジボールスポーツ少年団「村上ドッジA(エース)」が、1月26日(日)に開催された県大会で準優勝し、3月2日(日)に新潟県上越市で開催される「第23回春の全国小学生ドッジボール選手権北信越大会」へ出場することとなりました。

  村上ドッジAは、昨年も北信越大会へ出場し、見事優勝して全国大会へ出場しました。今年のメンバーも、2年連続での全国大会出場を目指し日々厳しい練習に励んでいます。子どもたちに今後の目標を聞くと、「北信越大会で優勝して、全国大会では昨年より上に進めるよう頑張りたい」とのことでした。昨年の経験を活かし、全国の舞台で活躍できるよう頑張ってください!

このページの先頭へ

 

大型作業車で除雪を行っています

除雪作業01

▲大型作業車による除雪作業(鼠橋通り)

  町民の皆様には、2月14日(金)から降った記録的な大雪の雪掻きに大変なご協力をいただき、感謝申し上げます。

  町では、現在、大型作業車により、鼠橋通りから順次、産業道路の除雪を行っています。その除雪した雪を集めた場所で、道路の幅が狭くなっている箇所がありますので、通行の際はご注意ください。その他の幹線道路も、町内の建設業者などにより、順次、除雪を行っています。

  なお、地域内の生活道路の除雪は、引き続き町民の皆様のご協力をお願いします。雪の捨て場所については、役場建設課建設係【TEL82-3111(内線172)  有線88-1043】にお問い合わせください。

  また、屋根に積もった雪の崩落や、ビニールハウス、カーポートの倒壊などにご注意ください。

▼産業道路

産業道路

このページの先頭へ

 

2月11日(火)国道18号に歩道用鉄橋を架設

国道歩道工事01

▲クレーンで吊り上げられている歩道用鉄橋

  2月11日(火)、午前1時半から国道18号四ッ屋跨線橋側道橋架設工事が行われました。

  この工事が行われたのは、国道18号田町信号の南側、坂城町交番の北側に位置し、しなの鉄道を跨ぐ箇所で、これまで歩道がありませんでした。町ではこの箇所への歩道設置を国に要望してまいり、この度、国土交通省長野国道事務所により設置工事が進められています。(3月末竣工予定)

  今回の架設工事は、しなの鉄道を跨ぐ大きな歩道用鉄橋の設置を、しなの鉄道の営業が終了した夜間に行うこととなり、550トンを吊り上げる超大型クレーンで、長さ35メートル、重さ29トンの鉄橋を架設しました。

国道歩道工事02-04

このページの先頭へ

 

2月8日(土)さかきふれあい大学 滝沢主税さん

滝沢主税さん01

▲滝沢主税さん

  2月8日(土)、文化センターで、さかきふれあい大学教養講座が開かれ、長野県地名研究所所長の滝沢主税さんに、「坂城町の字境図(あざかいず)をめぐって」を演題にご講義をいただきました。

  「字(あざ)」とは、集落などの土地ごとに付けられた地名のことで、人々の生活の場であり、歴史を紡いできた舞台でもあるそうです。滝沢さんは、さかき歴史同好会が県の「地域発元気づくり支援金」を活用して編集・発行した『ふるさと坂城の地名』を紹介し、その表紙になっている「幕府裁許絵図(ばくふさいきょえず)」や坂城町の字境図にある地名についてお話くださいました。また、「字などの古い地名は、文化や伝統を背負っているもので、忘れられたり、無くなると、その文化や伝統も消えてしまう。もっと大切にしなければいけない」と、その重要性を話し、講演を締め括られました。

滝沢主税さん02

このページの先頭へ

 

2月1日(土)、2日(日)ICT生涯学習

ICT生涯学習01

  2月1日(土)、2日(日)の2日間、ICT事業の一環として、坂城中学校のパソコン室で小中学生を対象としたプログラミング学習講座が行われました。
(ICTとはInformation and Communication Technology 《情報通信技術》の略)

  本事業は、子どもたちが、これからの社会に重要となるICTを単に身につけるだけでなく、その技術を自分のしたいことに活用または開発するための能力や、コミュニケーション能力などを育成するために行われます。
  今回は小中学生20名が参加して、「ドリトル」というプログラミング言語を使い、パソコン画面上に「カメ」を現して動かすなど、コンピュータでのゲームやデザイン作りの基本について学びました。

ICT生涯学習02

ページの先頭へ