このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成25年度のできごと >
  5. 平成25年11月のできごと


平成25年11月のできごと

11月30日(土)女と男ふれあいさかき2013

女と男ふれあいさかき2013

  11月30日(土)、坂城テクノセンターで、「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2013」が開催されました。

  このイベントは、坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり、男女共同参画社会(※)の実現のための啓発、推進を目的に毎年開催されており、今年は働く女性にスポットをあて、第1部で基調講演、第2部でパネルディスカッションが行われました。

(※)女性と男性が、互いにその人権を尊重し、喜びも責任も分かち合いつつ、性別にとらわれることなく、男女が対等な社会の一員として、個性に応じた様々な生き方や働き方ができ、誰もが生き生きと暮らせる社会。

  第1部では、独立行政法人国立女性教育会館理事長の内海房子さんを講師にお招きし、「女性の働きやすい環境づくりに向けた取組」を演題にご講演をいただきました。
  内海さんはNECに勤められたご経歴があり、就職した1970年代は女性の働く環境が整っていなかったそうですが、1986年の男女雇用機会均等法の施行から徐々に良くなってきたとのことです。しかし、現代の日本で男女共同参画社会がどれほど進んでいるかを世界の国々と比べるとまだまだ劣っており、特に経済や政治の分野で働く女性の比率が低いそうです。その理由として、家庭での夫の家事・育児の時間が海外に比べ短いことや「夫は外で仕事、妻は家庭を守る」と考える日本人が多いことなどが挙げられるとおっしゃっておられました。内海さんは、男女共同参画社会の実現を目指すために、「家庭や地域への男性参加と政策決定の場への女性進出」「ワークライフバランスの推進」「企業等の中間管理職の理解」「女性たちが自分の力に自信を持って、未知の世界に挑戦すること」が重要だと話され、会場いっぱいに集まった聴講者の皆さんは真剣な眼差しで内海さんのお話に耳を傾けていらっしゃいました。

▼国立女性教育会館理事長  内海房子さん

女と男ふれあいさかき201301

 

  第2部のパネルディスカッションでは、内海さんと坂城町で活躍する女性経営者がパネリストとなり、山村町長がコーディネーターを務めました。

パネリスト

  • 内海房子さん  国立女性教育会館 理事長
  • 佐藤洋子さん  力石化工(株) 代表取締役社長
  • 西澤孝枝さん  (株)西澤電機計器製作所 代表取締役社長
  • 西澤てるさん  味ロッジ(株) 代表取締役社長

  パネリストの皆さんは、山村町長の進行のもと、内海さんの講演の感想や、自社の女性社員の労働環境、ご自身の経験などを述べられ、皆さんが「女性が働くためには、家族や周囲の人々、社会の協力が必要だ」とおっしゃっておられました。

▼パネルディスカッション

女と男ふれあいさかき201302

  また、町では男女共同参画社会を推進するため、平成23年度を初年度としたパートナーシップさかき21  第2次坂城町男女共同参画計画を策定しました。

 

このページの先頭へ

 

災害時のLPガスに係る協定締結と炊き出しセットを寄付していただきました

LPガス災害協定

▲左から、山村町長、長野LP協会長野支部長 内山文雄さん
  手前、炊き出しセット

  町では、11月18日(月)に、長野LP協会長野支部並びに一般社団法人長野県LPガス協会との間で、「災害時におけるLPガスに係る協力に関する協定」を締結し、災害時には、LPガスの緊急点検、修繕及び供給などに協力していただけることになりました。

  また、本日(11月28日)は、長野県LPガス協会から災害時などに役立つよう、同時に50~120人分のご飯と汁物の調理ができる炊き出しセットを寄付していただきました。ありがとうございました!

このページの先頭へ

 

11月28日(木)いつまでもお幸せに 合同金婚式

金婚式

  11月28日(木)、坂城テクノセンターで、第44回坂城町合同金婚式が開催されました。

  今年、結婚50周年を迎えられたご夫婦は町内で24組いらっしゃり、本日は、そのうち21組、41名(1名欠席)が出席されました。出席されたみなさんは、苦楽を共にした50年間を振り返り、連れ添った相手に深く感謝され、これからも仲良く健康に暮らしたいと話していらっしゃいました。

  いつまでもご夫婦仲良く幸せに過ごされることをお祈りします。

このページの先頭へ

 

元南小校長 大脇先生が瑞宝双光章を受章

大脇文夫先生

▲大脇文夫先生

  元南条小学校長の大脇文夫先生が、この度の叙勲で「瑞宝双光章」を受章され、11月25日(月)、南条小学校でお祝いの会が開かれました。

  大脇先生は、長野県下の小学校11校で教育一筋に励まれ、その振興に努力し、児童、保護者、地域の人々から絶大な信頼と尊敬を得てその職を全うされました。南条小学校には昭和58年度から59年度までの2年間在籍され、地域社会に対しても深い理解を持ち、学校・地域ともに優れた教育を推し進められました。

  本日のお祝いの会では、中村教育委員長から勲記と勲章が授与され、大脇先生は、南条小学校時代の思い出や、今の子どもたちへ「人との支え合いの大切さ」などの想いを語られました。

このページの先頭へ

 

11月24日(日)ベストセラー『合戦屋シリーズ』の著者 北沢秋先生の講演会

北沢秋

▲北沢秋先生

  11月24日(日)、文化センターで、さかきふれあい大学教養講座が開かれ、ベストセラー戦国小説『合戦屋シリーズ』の著者である北沢秋先生に、「『奔る合戦屋』と村上義清」を演題にご講演をいただきました。

  『合戦屋シリーズ』は、『哄う合戦屋』『奔る合戦屋』『翔る合戦屋』の三部作で、天文2年(1533年)から19年(1550年)までの有力な戦国武将が台頭してくる時代、甲斐の武田家と信濃の村上家の争いが熾烈になるなか、村上義清に仕えた孤高の合戦屋石堂一徹を描いた物語です。

  北沢先生は、架空の人物である石堂一徹の主に村上義清を選んだ理由や、義清の人物像のほか、実在した人物と架空の人物を史実を曲げずに共存させることの難しさ、様々な歴史資料から何が真実かを見極めることの大変さをお話いただきました。また、ご自身が作家になるまでの経緯や、このシリーズが出版に至るまでの裏話なども明かしてくださいました。

  故郷の英雄村上義清を描いた先生の講演とあって、会場には大変多くの聴講者の皆さんが集まりました。

 

このページの先頭へ

 

JFL優勝チーム AC長野パルセイロと町内小学生が交流!

パルセイロ01

▲坂城小学校にて

  長野市と佐久市を本拠地としてJFL(※)に参戦し、今季優勝を成し遂げたAC長野パルセイロが、20日(水)に村上小学校4年東組の児童26名と、21日(木)に坂城小学校4年1組の児童34名と、サッカーボールを使ったレクリエーションやミニゲームなどで交流しました。

  これは、長野広域連合が平成21年度から始めた「出張スポーツ交流事業」の一環で、AC長野パルセイロのほか、野球の信濃グランセローズ、バスケットボールの信州ブレイブウォリアーズが長野広域管内の小学校や保育園を訪れ、子どもたちと交流しています。

  AC長野パルセイロは、20日に天皇杯の4回戦があり、翌21日も試合翌日のため、選手の来校は叶いませんでしたが、交流で訪れた籾谷真弘さんは、昨年までチームの中心的な選手であり、JFL優勝や、20日の天皇杯でJ1リーグ首位を走る横浜F・マリノスを相手に善戦したパルセイロの礎を築いてきた方です。

  21日の坂城小学校訪問では、JFL優勝と来季から始まるJ3への加盟を祝して児童から花束が贈呈されました。自分が住む地域のプロチームとの交流が、将来を担う子どもたちの夢や希望になることを祈ります。

※JFL:ジャパンフットボールリーグの略。サッカーJリーグのJ1、J2の下部にあるリーグ

▼坂城小学校

パルセイロ02

このページの先頭へ

 

守屋清子さん 青少年健全育成で表彰

守屋清子さん

▲左から、山村町長、守屋清子さん

  11月18日(月)、平成25年度長野県青少年育成県民会議会長表彰を受賞された守屋清子さんが、山村町長を表敬訪問されました。

  長野県青少年育成県民会議会長表彰は、県内の青少年健全育成に功労された個人、団体を表彰するもので、今年度は25名の個人と1団体が受賞され、11月16日(土)に塩尻市の長野県総合教育センターで表彰式が行われました。

  守屋さんは、多年にわたり、子どもたちの非行防止、安全安心の町づくりのために尽力され、また近年では千曲坂城少年警察ボランティア協会坂城支部の会長や坂城町青少年を育む町民会議環境部会長を務められるなど、青少年健全育成に多大な貢献をしており、今回の受賞となりました。

このページの先頭へ

 

11月17日(日)ブラインドサッカー リーグ戦開催

ブラインドサッカー01

  11月17日(日)、びんぐしの里公園内の「すぱーく坂城」で、ブラインドサッカーの東北・北信越リーグ第2節が開催され、F.C.長野RAINBOW、新潟フェニックスファイヤーズ、ゴルジャ仙台の3チームがリーグ戦を行いました。

  ブラインドサッカーは、全盲のB1クラスの場合は、アイマスクをした選手4人と、目が見えるゴールキーパー1人でチームを作ります。そして、キーパーと監督、ゴール後ろのコーラーが大きな声で支持を出し、選手はその支持とボールの中に入っている鈴の音を頼りにプレイします。

  今日の試合でも、大きな声が飛び交う中、激しいボールの奪い合いや強烈なシュートが次々と繰り出され、迫力ある試合が展開されました。

▼長野がオレンジ、新潟が赤、仙台が黒のユニフォーム

ブラインドサッカー02

このページの先頭へ

 

11月17日(日)長野県高校新人なぎなた競技会

なぎなた01

  11月17日(日)、武道館で、長野県高校新人大会なぎなた競技大会が開催され、町内からは神林菜月さん、齋藤静夏さん、竹村美紅さんが出場しました。3人とも、これまでの練習の成果を発揮して、敏速に動きながら打突の機会を見出し、間合いをはかってタイミング良く技を繰り出していました。見事3位となった神林さんは、「もっと自分から攻めて、相手の技をかわして、一本決められればよかったです。次の全国大会では、強豪が集まる中で、自分の試合をして、一本を決められるようにしたいです」と、来年3月に開催される全国高等学校なぎなた選抜大会への意気込みを話されました。

▼左から、齋藤静夏さん、竹村美紅さん、神林菜月さん

なぎなた02

このページの先頭へ

 

11月16日(土)ねずみ大根まつり NEWねずこん登場と巨峰ワイン販売開始!

ねずみ大根まつり01

  11月16日(土)、さかき地場産直売所「あいさい」で、町特産のねずみ大根に親しんでいただく「ねずみ大根まつり」が開催されました。

  開会式では、この一年間、坂城町のために様々なイベントに参加し町のPRをしてくれた「ねずこん」に、名付け親の子どもたちから金メダルがプレゼントされました。また、ねずこんの新しい仲間「NEWねずこん」が登場し、子どもたちから花束を受け取ると、2匹揃ってのかわいいダンスを披露してくれました。

  まつりが始まると、おしぼりうどんの振る舞い、ねずみ大根をはじめとした農産物・加工品の販売、NEZU-1グランプリ(ねずこんの起き上がらせ小法師に挑戦)などで大賑わいとなり、別会場で催された恒例のねずみ大根収穫体験にも大変多くのお客様が参加し、袋いっぱいに大根を収穫されていました。

ねずみ大根まつり02

  ねずみ大根収穫体験は明日17日(日)も午前10時から正午まで開催されます。ねずみ大根はまだまだありますので、皆さんで畑の大根を穫り尽くしましょう!

 

  また、坂城産の巨峰で醸造した「巨峰ワイン」が今年も試飲・販売され、大勢のお客様に「甘くておいしい」とご好評をいただき、ワイン販売のテント前には行列ができました。

  このワインは、びんぐし湯さん館か坂城町振興公社のホームページでご購入いただけます。

ねずみ大根まつり03

このページの先頭へ

 

11月16日(土)はつらつ健康講演会開催

はつらつ

▲山内恵史先生

  11月16日(土)、文化センターで、埴科地域包括医療協議会主催による「はつらつ健康講演会」が行われました。講師には、相沢病院糖尿病センターのセンター長である山内恵史先生をお招きし、「糖尿病の合併症と認知症予防」を演題にご講演をいただきました。

  山内先生によると、糖尿病には、三大合併症(網膜症、腎症、神経障害)をはじめ様々な合併症があり、国内で網膜症により失明する方は年間3000人にも上るそうです。また、血糖値を低下させるインスリンの作用不足がアルツハイマー型認知症の発症と関係していることがわかってきており、血糖のコントロールが認知症予防にもつながるとのことです。先生は、認知症にならないためにも、食生活や運動などの生活習慣を改めて糖尿病を予防し、既に糖尿病を発症している方は、食事、運動、薬事療法により早めに治療していくことが大切だと話されました。

 

このページの先頭へ

 

11月16日(土)ふーど市がまたまた大盛況!

ふーど市

  11月16日(土)、坂城駅前多目的広場で、坂城町商工会商業部会による今年最後の「坂城駅前ふーど市」が開催され、肉、海鮮、野菜などの特売品を求めるお客様で大盛況となり、同時発売された懸賞付きプレミアム商品券は完売となりました。また、169系電車も開放され、ふーど市で買ったものを電車のシートに座ってゆったりと食べる方や、記念撮影をされる姿などが多く見受けられました。

 

このページの先頭へ

 

人間国宝「宮入行平展」開催中!

宮入行平展01

  人間国宝宮入行平生誕100年記念「宮入行平展」が、鉄の展示館で開催されています。

  この展覧会では、刀匠のまち「坂城」の礎を築き、長野県で唯一の人間国宝だった故宮入行平刀匠の生誕100年にあたる今年、刀匠の制作した作品を、昭和12年から40年間にわたる刀工人生の時代を追って展示しています。鉄の展示館としては、過去最大規模の宮入行平刀匠の個展で、日本刀だけでなく薙刀や番外編として農具類もご覧いただけます。

  また、本日(11月10日)は、宮入小左衛門行平刀匠のギャラリートークが予定されていましたが、刀匠が急用のため、2番目の弟子で日本刀制作において様々なコンクールで入賞されている河内一平さんが、展示品と宮入行平刀匠の人生について丁寧に説明をしてくださいました。会期中のイベントは、他にも「親子で体験 日本刀のお取り扱い教室」「親子で体験 手作りナイフ教室」「宮入小左衛門行平刀匠のギャラリートーク」が行われます。(詳しくはコチラから

  会期は12月8日(日)までです。ぜひ鉄の展示館にご来館いただき、生涯を刀とともに生き、刀を作ることでその生命を燃やし、刀という生命を作り上げた宮入行平の世界に触れみてください。

宮入行平展02

このページの先頭へ

 

11月9日(土)みんなで歩こう!ウォークラリー

ウォークラリー01

  11月9日(土)、南条地区で、坂城町青少年健全育成交流会「ウォークラリー大会」が開催され、子どもから大人まで58チーム、343人が参加しました。この大会は、坂城町教育委員会と坂城町青少年を育む町民会議が主催し、毎年地区を変えて行われており、例年大勢の町民の皆さんに参加していただいています。

  ウォークラリーとは、コース内の交差点のみが描かれているコマ図を頼りに設定されたコースを歩き、チェックポイントで問題を解きながらゴールを目指すものです。今年は、子どもと大人で5~6人ずつのチームを作り、南条小学校の体育館からスタート。南条地区の名所・旧跡を回るコースを歩きました。参加者の皆さんは、交差点やチェックポイントに着く度に、知恵を出し合い協力しながらゴールを目指し、肌寒い日ではありましたが、皆さん元気よく歩いていました。

ウォークラリー02

このページの先頭へ

 

11月8日(金)小松美羽さん母校でメッセージ

小松美羽さん

▲小松美羽さん

  11月8日(金)、町出身の画家で「坂城町特命大使」の小松美羽さんが、坂城中学校で「夢は勘違いする才能から」と題して講演会を行いました。

  小松さんは、幼い頃から絵が好きで、自分が描いた絵に自信があり、「将来は画家になる」と信じていたそうです。今振り返ると、その自信は勘違いだったとのことですが、その「勘違い」こそが、夢を叶えた原動力となったと話されました。また、現在は画家として多方面で活躍されている小松さんですが、中学、高校時代は周りから自分の絵を認めてもらえず苦い思いをしたそうです。しかし好きな絵を描き続けた結果、美術大学に行って初めて認められ、画家としての道が拓けました。小松さんは、「好きなことに“芯”があれば、誰に何と言われようとやり続けること。そして、将来何になりたいかを公言してほしい」と中学生たちにメッセージを贈られました。

  また、小松さんはこれまで、アフリカ、トルコ、ニューヨーク、パリ、ドバイと海外をまわって様々な刺激を受けてこられ、今では世界の舞台で活躍されていますが、小松さんにとって、原点である坂城町はとても大事な故郷だそうです。中学生たちにも「今当たり前のようにある原点に、いつか感謝できるような大人になってもらいたい」と思いを話されました。そして、「これからはどんどんチャレンジして、もっと大きい自分を皆さんに見せられるように頑張ります。」と決意表明し講演を締めくくられました

 

このページの先頭へ

 

11月8日(金)保育園児がねずみ大根収穫体験

  11月8日(金)、ねずみ大根振興協議会主催(会長:山﨑進一さん)による町内保育園児のねずみ大根収穫体験が行われました。

  今日は朝からよいお天気に恵まれ、園児たちはねずみ大根の採り方の説明を聞くと、元気いっぱいにたくさん収穫しました。また、ねずこんが応援に駆けつけると園児たちも大喜び。最後にねずみ大根のおやきを食べて、大根がいっぱいに詰まった袋をうれしそうに持ち帰りました。

保育園02

このページの先頭へ

 

11月7日(木)塚原直貴さんの陸上教室開催

塚原直貴さん01

  11月7日(木)、文化センターで、長野県出身の北京オリンピック陸上男子4×100mリレー銅メダリスト塚原直貴さん(富士通(株)陸上競技部所属)の陸上教室が開催され、塚原さんの陸上を始めてから現在に至るまでのお話の後、参加者へ実際に実技指導をしていただきました。

  塚原さんは、北京オリンピックで銅メダルを獲った際のエピソードや、小学生で陸上を始めて中学・高校・大学と陸上部に所属し、その間の厳しい練習や大会の結果で悔しかったことなどをお話いただき、会場に集まった子どもたちに「夢を大きく持って個性を出すこと。努力して積極的に『出る杭』になってほしい」とメッセージを贈られました。
  また、会場をグラウンドに移すと、子どもたちと触れ合いながら練習を指導してくださり、「速く走るためのリズム感の大切さ」やそのトレーニング方法などを伝えられ、最後には全員参加のリレーを行いました。
  この陸上教室の参加者から、将来2020年の東京オリンピックに出場する選手が出ることを期待します。


塚原直貴さん02-03

このページの先頭へ

 

南小金管バンド部ハッピーブラスが大活躍!

金管

▲左から、児玉孝義校長、丸山歩莉さん、山村町長、高山結衣さん、石坂一彦先生

  11月5日(火)、この秋に行われた音楽のコンクールやフェスティバルに出場し、優秀な成績を収めた南条小学校金管バンド部ハッピーブラスの高山結衣さん(部長)、丸山歩莉さん(副部長)と顧問の石坂一彦先生、児玉孝義校長が山村町長に報告に来てくださいました。

  同部は、10月14日(月)に伊那文化会館で開催された「SBCこども音楽コンクール伊那大会」で優秀賞、10月27日(日)に長野市ビッグハットで開催された「第17回東海小学校バンドフェスティバル」で金賞を受賞し、11月3日(日)に山梨県甲斐市で開催された「第28回国民文化祭 小学生吹奏楽フェスティバル」に招待されました。

  部長の高山さんは、「東海小学校バンドフェスティバルでは、演奏する前は不安があったけど、本番ではみんなで楽しく練習の成果を出しきれて最高の演奏ができました。残念ながら全国大会へ行くことはできなかったけど、目標にしていた金賞をとることができてよかったです」と、副部長の丸山さんは、「国民文化祭では、お客様の温かい声援をいただいて、ハッピーブラスらしい元気なサウンドを響かせることができました。また、他校の演奏を聴き、こんなに頑張っている仲間がたくさんいるんだと刺激を受け、すばらしい経験をさせていただいて本当にありがとうございました」と感想を寄せられました。

 

このページの先頭へ

 

11月1日(金)~5日(火) 第14回大菊花展開催

菊

  11月1日(金)から5日(火)まで、文化センター大会議室を会場に、坂城町菊花愛好会主催による「第14回坂城町大菊花展」が開催されています。

  今年は約450点の菊が出品され、昨日行われた審査会により各賞の受賞者が決定しました。受賞したのは、特別賞が6名、金賞が7名と村上小学校、坂城小学校、奨励賞が2名と町内3小学校で、本日(11月1日(金))はその表彰式が行われました。今年も、気品高く、愛情をいっぱいに込められた菊の鉢植えなどが一堂に展示され、会場は鮮やかな菊の色彩と香りに包まれています。

  大菊花展は11月5日(火)まで開催しています。ぜひ会場に足をお運びいただき、色とりどりの菊をご覧ください。

ページの先頭へ