このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成25年度のできごと >
  5. 平成25年10月のできごと


平成25年10月のできごと

10月27日(日)文化祭2日目 ~芸能公演~

H25文化祭00

▲こども能楽教室

  文化祭2日目の10月27日(日)、文化センター大会議室では芸能公演が行われました。

  今年も、ダンス、琴、こども能楽、童謡、詩吟、舞踊、オカリナなど、様々な演目が発表されました。皆さん、今日のために積んできた練習の成果をいかんなく発揮し、ステージでは次々と素晴らしい公演が披露されました。

▼芸能公演と文化の館でのお茶席の様子

H25文化祭01-05

このページの先頭へ

 

10月26日(土)芸術に親しもう!第42回文化祭

H25クラシックコンサート

▲クラシックコンサート

  10月26日(土)、文化センター、武道館、文化の館、老人福祉センター(夢の湯)で第42回坂城町文化祭が始まりました。

  文化祭は「したしむ・つくる・ふれあう・ささえる」をテーマに、明日27日(日)までの2日間、書道、盆栽、生け花、絵画、レカンフラワー、写真、陶芸、俳句、短歌など様々な分野の芸術作品が一堂に展示されています。

  また、今年も「さかきふれあい大学 文化祭記念講座」としてクラシックコンサート」が開催されました。演奏者は、昨年大好評の演奏を披露したチェリスト・海野幹雄さん、ピアニスト・海野春絵さんに加えて、元仙台フィルのコンサートマスターでヴァイオリニスト・伝田正秀さん、NHK交響楽団の中川和歌子さんと村松龍さんの豪華5名です。会場いっぱいに集まった観客の皆さんは、本格的なクラッシクの美しく華やかな演奏を楽しんでおられました。

 

  今年も、各会場に展示されている作品は力作ぞろいです。明日は、ダンス、琴、こども能楽、童謡、詩吟、舞踊、オカリナなど様々な芸能公演も文化センター大会議室で行われます。みなさんも”芸術の秋”、”文化の秋”を感じに足を運んでみませんか!

▼各会場の様子

H25文化祭1日目

このページの先頭へ

 

10月26日(土)平成25年度坂城町表彰式

  10月26日(土)、文化センター大会議室で、平成25年度坂城町表彰式が行われました。

  表彰はふたつ「坂城町表彰」と「坂城WAZAパワーアップ事業表彰」について行うもので、今年の表彰者はそれぞれ下記のとおりです。(敬称略)

坂城町表彰・功績表彰

  • 塚田 晃久
  • 小玉 博志

坂城町表彰・職員功労表彰

  • 栗林 菊代
  • 中沢 惠三
  • 中村 清子

坂城WAZAパワーアップ事業表彰

  町に培われてきた高度な技能・技術の継承と修得、子どもたちへの「ものづくり教育」支援、新技術・新産業の創出や発明に対する支援などを行う「坂城WAZAパワーアップ事業(平成22年度開始)」の一環として、ものづくり分野における、優秀な技能者及び新技術の創出などをされた方々を表彰するものです。

  • 宮原製作所  仲村 秀樹
  • 日精樹脂工業(株)  半田 裕幸
  • 栗林木工所  栗林 孝治

記念撮影

▼坂城町表彰
前列左から、栗林さん、塚田さん、山村町長、小玉さん、中村さん
後列左から、宮崎教育長、宮下副町長

H25表彰式

▲WAZAパワーアップ事業表彰
前列左から、半田さん、山村町長、仲村さん、栗林さん
後列左から、宮崎教育長、宮下副町長

 

  町表彰、WAZAパワーアップ事業表彰とも、表彰者の皆さんの功労・功績内容については、こちらをクリック(PDF)してご覧ください。

 

このページの先頭へ

 

10月25日(金)2013年産巨峰ワインができました

巨峰ワイン試飲会01

▲2013年産巨峰ワイン

  10月25日(金)、びんぐし湯さん館で、(株)坂城町振興公社による「2013年産巨峰ワイン試飲会」が行われました。

  (株)坂城町振興公社では、昨年ご好評のうちに即日完売した巨峰ロゼワインを、2013年産は、坂城産巨峰を100%使ったワインとしてデザインも一新してリニューアル発売します。収穫された巨峰を新鮮なうちに醸造し、爽やかでフルーティーな風味が女性にも人気の甘口ワインで、試飲された方々もその芳醇な味に満足されたようでした。

  この巨峰ワインは、11月16日(土)に開催される「ねずみ大根まつり」でお披露目され、当日は、まつり会場のさかき地場産直売所「あいさい」、びんぐし湯さん館、坂城駅前ふーど市の3会場で販売される予定です。ご期待ください!

▼試飲会の様子

巨峰ワイン試飲会02

このページの先頭へ

 

10月20日(日)~23日(水)中国上海 嘉定区実験小学校と町内小学生が親善交流

歓迎レセプション01

  10月20日(日)から23日(水)まで、中国上海嘉定区の実験小学校から11名の児童と先生など6人の教育交流団が来町し、町内小学生と親善交流を行いました。

  この事業は、実験小学校との教育交流を通じて、豊かな国際感覚を養うとともに、坂城町の次代を担う子どもたちの国際社会に生きる豊かな人間形成を図ることを目的に、平成20年度から行われており、実験小学校の児童が来町するのは今回で3回目となります。

  子どもたちが坂城町で過ごす間はホームステイをすることになっており、20日(日)に文化センターで行われた歓迎レセプションでは、ホームステイを受け入れるホストファミリーの皆さんが、受入児童と同じテーブルで夕食をとり、子ども同士早速友好を深めていました。

 

▼歓迎レセプション

歓迎レセプション02-03
 

 

  翌21日(月)は、実験小学校の児童たちが町内3小学校を訪問し、お互いの発表や給食体験などを通しての交流が行われたほか、鉄の展示館の見学や文化の館でお茶席を体験してもらいました。

▼南条小学校

南条小学校との交流
 

▼坂城小学校

坂城小学校との交流
 

▼村上小学校

村上小学校と交流
 

▼文化の館でお茶席体験

実験小学校お茶席

 

  22日(火)は、役場を表敬訪問した後、葛尾城跡から町を一望し、千曲市の県立歴史館の見学や文化財センターで勾玉作りを体験しました。

  また、テクノセンターで昨年以前にこの事業で訪中した町の児童生徒との交流が行われ、そこでは、実験小学校の児童たちが、今回の交流で感じたことを話してくれました。

  子どもたちは来日するのが初めてで、日本の道路が綺麗なこと、空気が綺麗なことに感心し、日本人がみんな親切だったことがとてもうれしかったそうです。また、町内小学生との交流がとても楽しかったようで、小学生の発表が素晴らしかったと言う子や、校内清掃の姿勢を見習いたいと話す子、もっと仲良くなりたいという意欲的な子もいました。

  この親善交流が、実験小学校と坂城の子どもたちの将来に、また坂城町・日本が、中国だけでなく広く国際社会との交流を一層深めることに役立てられていくことを期待します。

  なお、このプログラムにご協力していただきました皆様に感謝いたします。

▼3日目~お別れ会の様子

実験小学校3日目

このページの先頭へ

 

10月23日(水)松くい虫防除対策  松を植林

松の植林01

  10月23日(水)、上平の自在神社参道付近で、松くい虫防除対策のため松の植林が行われました。

  これは、松くい虫被害により伐倒駆除を実施した自在山で、松枯れにより失われた緑地の復旧と土砂流出防止を図るために行われ、約50名の方が参加し、全員でアカマツを75本植林しました。また、植林後には、岐阜県立森林文化アカデミー客員教授の田畑勝洋先生による「松くい対策について」の講話があり、自在山を守るために、先生も協力してくださるそうです。

  なお、上平区では、12月1日(日)に、上平区民まつりが行われ、その際に2回目の植林を計画しているそうです。

松の植林02-03

このページの先頭へ

 

10月20日(日)宮入鍛刀道場 公開古式鍛錬

公開古式鍛錬01

  10月20日(日)、鉄の展示館で開催されている「第八回お守り刀展覧会」のイベント「公開古式鍛錬」が、宮入鍛刀道場で行われました。

  赤く熱した鋼と鉄を槌で叩いて鍛える古式鍛錬をひと目見ようと、たくさんの見学者が集まり、宮入小左衛門行平刀匠と一門の皆さんがその業を見せてくださいました。炎で熱した鋼を槌で叩くと、「カーン」という綺麗な音とともに火花が飛び散り、何度も叩いている間に鋼が変形していく様には人の力強さも感じられ、見る人を魅了するものでした。鋼の鍛錬以外にも、刀の研磨など、刀鍛冶が行う工程を見せてくださり、見学に訪れた方は興味津々で、宮入刀匠や一門の皆さんに様々な質問をされていました。

公開古式鍛錬02-04

このページの先頭へ

 

10月17日(木)ベビーカーを当選者に贈呈

ベビーカー贈呈

▲写真左から、大井義明さん(碧子さんの代理)、吉原由香さん、山村町長、宮原美穂さん、栗林亜沙美さん、春原さん(星野香織さんの代理)

  10月17日(木)、保健センターで、第1期ベビーカー贈呈式が行われました。

  このベビーカーは、コンビ(株)の松浦康雄名誉会長が町にご寄贈されたものです。町では、初めての子育てに役立てていただくよう、2期に分けて希望者へ抽選での贈呈を計画し、第1期を募集したところ、多数のご応募をいただきました。抽選は、山村町長が10月7日(月)に行い、大井碧子さん、吉原由香さん、宮原美穂さん、栗林亜沙美さん、星野香織さんの5名が当選され、贈呈式で山村町長から1台ずつプレゼントされました。

第2期募集について

  町内に住所を有し、平成25年10月から26年3月までの間に第1子の妊娠届出をされた方を対象に、第2期の募集をします。該当される方には、応募方法についてのご案内を保健センターから送付します。今回もベビーカーを5台用意していますので、ふるってご応募ください。

問い合わせ先
保健センター  TEL82-3111(内線511)  有線88-1047
 

 

このページの先頭へ

 

10月12日(土)第26回福祉ふれあいのつどい

福祉ふれあいのつどい01

▲坂城小学校鼓笛隊の皆さん

  10月12日(土)、老人福祉センター夢の湯で、「第26回福祉ふれあいのつどい」が開催されました。

  このイベントは、多くのコーナーを楽しみながら、あらゆる年代の人たちとの交流を通じて、町の福祉やボランティア活動を知ってもらうために毎年開催されています。今年も、チャリティーバザーや各種販売、福祉体験、キッズコーナーなどが設けられ、会場は、大勢の来場者で賑わっていました。

福祉ふれあいのつどい02-06

このページの先頭へ

 

10月12日(土)手づくりナイフを作ろう!

手づくりナイフ01

  10月12日(土)、鉄の展示館で開催されている「第八回お守り刀展覧会」のイベント「手づくりナイフを作ろう!」が、中心市街地コミュニティセンターで行われました。

  参加者の皆さんは、宮入小左衛門行平刀匠とその一門の皆さんの指導のもと、五寸釘を金槌で打ち、研磨し、鞘を作り、1本のナイフをおよそ1時間かけて作りました。完成したナイフで新聞紙を試し切りすると、自分が作ったナイフの切れ味の良さに、とても満足されていらっしゃいました。

手づくりナイフ02-04

このページの先頭へ

 

10月6日(日)全員力を合わせて! 町民運動会

H25町民運動会01

▲大玉送り

  10月6日(日)、文化センターグラウンドで、第53回町民運動会及び第35回交通安全町民大会が開催されました。

  運動会は、町内の全分館が赤、白、青、黄チームに別れ、チーム別及び分館別に競技が行われます。今年も、恒例の二人三脚食いしん坊リレー、ねらってポン!(玉入れ)、交通安全推進競技「交通ルールを守りましょう」、足並みそろえて!(むかで競争)、綱引き、走ってガッテン!(リレー)、大玉送りなどに大勢の皆さんが参加されました。競技中は、分館ごとに声を揃えて応援する姿なども見られ、それぞれの分館が一致団結して運動会を楽しんでいました。

  なお、今年の色別チーム優勝は白チーム(四ツ屋、網掛、鼠宿、北日名、横町、旭ヶ丘、苅屋原)で、各分館対抗の部は下記のとおりです。

  • 優勝  大宮、坂端
  • 3位  日名沢

H25町民運動会02-06

  また、今回新たに、障がいのある人もない人も一緒に参加して楽しめる「レクリエーション・軽スポーツ交流ブース」を体育館に設け、専門のインストラクターの指導のもと、ポケネット、ボッチャ、風船バレーなどのニュースポーツを行いました。グラウンドでも、最後の競技として、障がい者スポーツの「空飛べ円盤(フライングディスク競技)」を行い、子どもから大人まで大勢の方が体験されていました。

H25町民運動会07-09

このページの先頭へ

 

10月3日(木)「くらしの便利帳」共同発行協定

くらしの便利帳協定01

▲写真左から、(株)サイネックス 村田吉優社長、山村町長

  10月3日(木)、町と(株)サイネックス様の間で、『坂城町「くらしの便利帳」の共同発行に関する協定」が締結されました。

  町では、役場の手続きや行政情報などを掲載した便利帳を平成20年に発行し、転入者等に対して配布してきました。しかし、掲載内容が古くなってきたので、この度、町と同社が協定を結び、パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP:公民が連携して公共サービスの提供を行うこと)を事業手法として新たに発行することとなりました。これにより、従来の行政情報に加え、医療機関などの地域の情報や事業者の広告を掲載し、実用性の高い便利帳を町内全域に配布します。なお、配布時期は、平成26年3月を予定しています。

 

このページの先頭へ

 

10月1日(火)3Dプリンタ活用セミナー

3Dプリンタセミナー01

▲安齋正博氏                      ▲藤岡潤一氏

  10月1日(火)、坂城テクノセンターで、「3Dプリンタ活用セミナー」が開催されました。

  今回のセミナーには、3Dプリンタに携わる2人の講師をお招きしました。まずはじめに、芝浦工業大学教授で工学博士の安齋正博先生に『3Dプリンタの活用によるものづくりの展開  ~積層造形でできること、できないこと~』を演題にご講演をいただきました。安齋先生は、今話題となっている3Dプリンタが、日本のモノづくりにおいてどのように活用できるのか、その展開について、医療など様々な分野で活用されている事例を挙げて詳しくお話しいただきました。

  その後、坂城町中之条で「トレソル」という会社を開業し、3Dプリンタを使った造形・試作業務や3Dデータを作成する事業を展開している藤岡潤一さんに、3Dプリンタの活用事例をお話しいただきました。

  世界で注目されている3Dプリンタのセミナーということもあり、会場には、町内企業など大勢の参加者が足を運ばれていました。

3Dプリンタセミナー02

ページの先頭へ