このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成24年度のできごと >
  5. 平成24年10月のできごと


平成24年10月のできごと

10月27日(土)芸術の秋~第41回文化祭~

クラッシクコンサート01

  10月27日(土)、文化センター、武道館、文化の館、老人福祉センター(夢の湯)で第41回坂城町文化祭が始まりました。

  文化祭は「したしむ・つくる・ふれあう・ささえる」をテーマに、明日28日(日)までの2日間行われ、書道、盆栽、生け花、絵画、レカンフラワー、写真、陶芸、俳句、短歌など様々な分野の芸術作品が一堂に展示されています。
  さらに、今年は「さかきふれあい大学 文化祭記念講座」として「チェロとピアノとヴァイオリンによるクラシックコンサート」が開催されました。演奏者は、全国各地で活躍中の今最も注目を集めているチェリスト・海野幹雄さん、室内楽奏者として多くの演奏家から信頼の厚いピアニスト・海野春絵さん、最近若くして仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任したばかりの新進気鋭のヴァイオリニスト・西本幸弘さんです。コンサートには約250名もの観客が訪れ、本格的なクラッシクの美しく華やかな演奏を楽しんでいました。

クラッシクコンサート02

▲左から、西本幸弘さん、海野春絵さん、山村町長、海野幹雄さん

  今年の文化祭も、出品された方々の普段の練習の成果が発揮された力作ぞろいです。明日は、ダンス、琴、こども能楽、童謡、詩吟、舞踊、オカリナ、など様々な芸能公演も文化センター大会議室で行われます。みなさんも”芸術の秋”、”文化の秋”を感じに足を運んでみませんか!

▼作品展示の様子

H24文化祭01-05

このページの先頭へ

 

10月27日(土)平成24年度坂城町表彰式

  10月27日(土)、文化センター大会議室において、平成24年度の坂城町表彰式が行われました。

  表彰はふたつ「坂城町表彰」と「坂城WAZAパワーアップ事業表彰」について行うもので、今年の表彰者はそれぞれ下記のとおりです。(敬称略)

坂城町表彰・功労表彰

  • 長谷川 臣

坂城町表彰・功績表彰

  • 池田 睦夫
  • 島田 宏一
  • 寺田 路矢
  • 柳沢 裕二

坂城町表彰・一般表彰

  • 田村 純菜

坂城町表彰・職員功労表彰

  • 中村 忠比古
  • 竹内 良一
  • 片桐 有
  • 塚田 好一
  • 吾妻 忠明


H24表彰式01

▲坂城町表彰(写真前列左から、田村さん、長谷川さん、宮崎教育長、山村町長、宮下副町長、池田さん。後列左から、柳沢さん、寺田さん、島田さん、中村さん、片桐さん)

 

WAZAパワーアップ事業表彰について

  町に培われてきた高度な技能・技術の継承と修得、子どもたちへの「ものづくり教育」支援、新技術・新産業の創出や発明に対する支援などを行う「坂城WAZAパワーアップ事業(平成22年度開始)」の一環として、ものづくり分野における、優秀な技能者及び新技術の創出などをされた方々を表彰するものです。

優秀技能者賞

  • 朝倉工務店  朝倉 八十男
  • 片山木工所  片山 和人


H24表彰式02

▲WAZAパワーアップ事業表彰(写真左から、片山さん、宮崎教育長、山村町長、宮下副町長、朝倉さん)

 

  町表彰、WAZAパワーアップ事業表彰とも、表彰者の皆さんの功労・功績内容については、こちらをクリック(PDF)してご覧ください。

 

このページの先頭へ

 

10月25日(木)小学生ゲートボール交流試合

ゲートボール01

  10月25日(木)、びんぐしの里公園内のスパークさかきで、村上小学校ゲートボールクラブと坂城町ゲートボール協会(会長:高橋堅司さん)が交流試合を行いました。

  村上小学校では、4年生から6年生がゲートボール、押し花、料理、手芸、点字、一輪車、太鼓の7つのクラブに所属し、全てのクラブが地域の皆さんに先生になってもらって教えていただいています。

  ゲートボールクラブには20名が所属しており、6月から坂城町ゲートボール協会の高橋会長と吉沢公さんに教わってきました。今日は今年度のクラブ活動の最終日で、ゲートボール協会の方々と児童たちが交流試合を行い、児童たちはこれまでの練習の成果を発揮してがんばりました。結果は、ゲートボール協会の方々の勝利となりましたが、児童たちは地域のおじいちゃんおばあちゃんと試合ができてとても楽しそうでした。

ゲートボール02

このページの先頭へ

 

10月24日(水)管理者リーダーシップ養成講座

リーダーシップ養成講座01

▲川村真二さん

  10月24日(水)、坂城テクノセンターで、リーダー・ビジネス研究所代表の川村真二さんを講師にお招きして、「管理者のリーダーシップ養成講座」が開かれました。

  この講座は、町内企業の組織の中核を担う方を対象に、環境変化をチャンスと捉え積極的で柔軟な思考のもとに的確な行動がとれるリーダーを養成するために実施され、来年の1月まで今日を含めて4回行われます。
  講座の内容は、管理者の役割と職務、管理者のマネジメントの基本やリーダーシップの発揮方法、部下の指導・育成プロセス、また、日常業務で発生する問題の根本原因を捉え、解決する方法などについて演習を交えながら実践的に学ぶカリキュラムです。本日参加した約30名の皆さんは積極的に話をしながら熱心に講座を受けていました。

リーダーシップ養成講座02

リーダーシップ養成講座03

このページの先頭へ

 

10月23日(火)テクノハート就職情報交換会

テクノハート就職情報交換会01

  10月23日(火)、坂城テクノセンターで、大学等の就職担当者を招いて町内企業採用担当者との就職情報交換会が開催されました。

  この就職情報交換会は、就職率低下解消と中小企業で働くことの楽しさを多くの学生に知っていただくために、テクノハート坂城協同組合(理事長:宮後睦雄)主催により行うもので、昨年に続き2回目となります。参加した学校は、県内からは信州大学、長野大学など、県外からは、愛知県、神奈川県、埼玉県、新潟県、石川県、東京都、千葉県の大学で、町内企業は12社が参加しました。
  情報交換会は、大学等の就職担当者と企業の採用担当者で5つのグループを作ってグループワークにより行いました。企業側は求めている人材などについて説明し、学校側は採用担当者が重要視する点について質問するなど、とても熱心に話し合いが行われ、充実した情報交換会となりました。

  また、KYB-YS(株)と宮後工業(株)の工場見学も行われ、参加者は職場の雰囲気や仕事の流れ、施設の充実さ、安全対策などを直に見て参考にしていました。

▼KYB-YS(株)の工場見学

テクノハート就職情報交換会02

このページの先頭へ

 

10月22日(月)小学生能楽教室

能楽教室01

▲児童による仕舞「紅葉狩り」

  10月22日(月)、南条小学校と坂城小学校で、重要無形文化財総合指定保持者で観世流の能楽師である松木千俊先生と坂城松謳会による能楽教室が開かれました。(写真は南条小学校)

  児童たちは、まず松木先生から能についての話を聞き、実際に能の面(おもて)をつけたり、坂城松謳会の海野師範から「猩々(しょおじょお)」という曲目の謡(うたい)を習いました。謡の練習では、発声の仕方や音程を習い、児童たちは一生懸命を声を出して謡っていました。
  その後、能楽を習っている三井愛子さんと宮嶋英恵さん(ともに6年生)がステージで普段の練習の成果を発表(仕舞「紅葉狩り」)し、松木先生による仕舞「鞍馬天狗」も披露されました。普段なかなか触れることのない本格的な能の世界に触れ、児童たちは興味深く授業を受けていました。

能楽教室02-05

このページの先頭へ

 

10月20日(土)第10回月影まつり開催

第10回月影まつり01

  10月20日(土)、ともいきライフ月影で、第10回月影まつりが開催されました。

  今日は雲ひとつ無いとてもいいお天気となり、「ともに咲かせよう笑顔の花」をテーマに、施設利用者と職員の他、大勢のボランティアの方、ステージ発表をする方たちが協力して盛大なお祭りとなりました。ステージでは、オープニングセレモニーで坂城幼稚園鼓笛隊が演奏し、その後も月影利用者や村上小学校児童、村上保育園園児、ナチュラルムーブメント3・2・1などが発表を行いました。また、施設利用者の作品展示、模擬店、農園芸品販売、子ども広場、バザーなど様々なイベントも催され、大勢の方が会場に足を運んでいました。

第10回月影まつり02-05

このページの先頭へ

 

10月19日(金)宮入小左衛門行平一門がお守り刀で受賞

宮入小左衛門行平一門受賞01

▲左から、上山輝平さん、根津秀平さん、山村町長、河内一平さん

  10月19日(金)、全日本刀匠会主催の第7回お守り刀展覧会で、入賞した宮入小左衛門行平一門の三人の刀工、河内一平さん、根津秀平さん、上山輝平さんが、山村町長を表敬訪問されました。

  授賞式は、10月10日(水)に岡山県瀬戸内市備前長船刀剣博物館で行われ、刀身の部において、河内さんは第三席 特賞 坂城町長賞、根津さんは第七席 全日本刀匠会賞、上山さんは佳作を受賞されました。また、埼玉県在住で、宮入小左衛門行平刀匠の一番弟子である川崎晶平さんが、刀身の部 第一席 特賞岡山県知事賞を受賞されました。
  河内さんは、「今回、一門全員が入賞できたことで、お世話になった親方や坂城町のみなさんに少しでも恩返しができたのではないかと思います。宮入一門として今後も精進していきたいです。」と話されました。

宮入小左衛門行平一門受賞02

このページの先頭へ

 

産業道路に道路鋲を設置

道路鋲01

  産業道路若草橋南側の路肩に道路鋲(どうろびょう)が取り付けられました。

  産業道路若草橋南側は、南条小学校の通学路となっていますが、歩道が未整備で幅員が狭いため危険だと指摘されていました。町教育委員会と協議をして昨年度は学校・PTAと協力して路肩にグリーンベルトを表示しましたが、今年度は道路鋲(どうろびょう)と呼ばれる車道と路肩を区別する鋲(びょう)を設置いたしました。これにより自動車が路肩に入り込むのを防ぐことができます。
  また、同様に坂城高校下交差点の路肩も狭かったため、こちらは外側線を引き直し、路肩部分を拡幅し、停止線を後退させました。

  今後とも、ドライバーの方にはより一層注意して運転していただければと思います。

▼道路鋲(反射板がついています)

道路鋲02

道路鋲03

このページの先頭へ

 

10月14日(日)金井区子供相撲大会開催

子供相撲大会01

  10月14日(日)、金井ひろばで、金井区子供相撲大会が開催されました。

  金井区子供相撲大会は、金井区在住の保育園・幼稚園児(年中・年長)と小学生を対象に、毎年行われている伝統行事です。例年は、南条小学校北側にある宇佐八幡宮で行われていますが、今年は、南条出身で、大相撲友綱部屋の現役力士である旭鵬山さんと同部屋の魁戦龍さんを特別ゲストにお呼びして、金井ひろばに特設土俵を作って行われました。

  大会では、まず現役力士による模範相撲が披露され、その迫力に会場からは大きな歓声が上がりました。その後、約50名の子どもたちが、幼児の部、小学校低学年の部、高学年の部に分かれて、トーナメント方式で取組が行われました。
  子どもたちは、男子も女子も一緒になって力いっぱい相撲をとっていて、時には1分近い取組など熱戦が繰り広げられ、会場は大いに盛り上がっていました。

  また、子どもたちと両力士とのぶつかり稽古も行われ、子どもたちは滅多に会えない力士との触れ合いをとても楽しんでいました。

子供相撲大会

このページの先頭へ

 

10月11日(木)ワイナリー形成事業担い手認定及び巨峰ヌーヴォー試飲会

ワイナリー担い手01

▲ワイナリー形成事業担い手認定証交付

 

  10月11日(木)、びんぐし湯さん館で、「坂城町ワイナリー形成事業」担い手認定証の交付、ワイン製造についての講演及び巨峰ヌーヴォー試作品の試飲会が行われました。

 

  坂城町は降水量が少なく、日照が多い気候風土を活かし、巨峰やナガノパープルなどをはじめとするぶどうの栽培適地として、生産販売がなされています。
このなかで、町の新たな産業の広がりを目指して「ワイナリー形成事業」を進めており、その担い手を公募した中から2名が決定したので、「担い手認定証」を交付しました。お二人からは将来に向けての抱負を語っていただき、今後の決意を新たにしていただきました。

 

  その後、町振興公社が地元の巨峰でワイン製造を依頼した山梨県のフジッコワイナリー(株)のワイン製造グループ長鷹野ひろ子氏に「ワインの動向とワイン製造の現状及び求められるもの」を演題に講演をしていただきました。

 

  また、最後に行われた完成間近の巨峰ヌーヴォーの試飲会では、甘く爽やかでフルーティなワインに、試飲された方々も満足されたようでした。

 

  巨峰ワインは町振興公社から11月17日(土)に開催される「ねずみ大根まつり」でお披露目と販売を実施する予定です。ご期待ください!

ワイナリー担い手02-04

このページの先頭へ

 

10月5日(金)寿製薬(株)冨山専務が訪問

寿製薬コレステロール01

▲左から、寿製薬(株)冨山専務、山村町長

  10月5日(金)、町内企業の寿製薬(株)の冨山泰専務が山村町長を訪問されました。

  寿製薬(株)は、開発中の「コレステロール吸収阻害薬」の全世界における開発・製造・販売権の使用許諾を与えるライセンス契約を大手製薬会社の塩野義製薬(株)と締結しました。

  この新薬は、小腸のコレステロール吸収に関わるタンパク質の機能を抑え、血中のコレステロールを低下させる働きがあります。今後は、塩野義製薬(株)が寿製薬(株)の協力のもと、臨床試験を実施し、本薬の有効性及び安全性を確認していくそうです。寿製薬(株)の今後のさらなるご活躍が期待されます。

寿製薬コレステロール02

ページの先頭へ