このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成23年度のできごと >
  5. 平成24年3月のできごと


平成24年3月のできごと

湯さん館で100歳の誕生日祝う-春日てるさん

春日てるさん100歳

3月21日(水)、湯さん館利用者の春日てるさん(北日名)が、3月20日で100歳を迎えたことを祝い、湯さん館からお祝いの観葉植物をプレゼントしました。

春日さんは、明治45年に北日名に生まれ、現在も北日名にお住まいです。平成18年からほぼ毎日、町の循環バスを利用して湯さん館に通っています。とてもお元気で、6年前(94歳)までは卓球もやられておられ「今でもやりたい」と話されています。

長寿の秘訣をお聞きしたところ「何でも(少しずつ)食べることと、湯さん館に行くこと。温泉に入ったあとに、大広間で友だちと話をして楽しく過ごすことですね」と、笑顔でお答えいただきました。温泉水も毎日1杯飲んでいるそうです。

当日は、湯さん館の大広間で、竹内支配人から春日さんに観葉植物「グズマニア」をお渡しし、大広間利用者の皆さんが拍手でお祝いしました。グズマニアの花言葉は「いつまでも健康で幸せ」です。これからもお元気で湯さん館をご利用ください。

 

▼春日さん(写真左)とご友人の皆さん

春日てるさんとお友だち

このページの先頭へ

 

中学生2名がラグビーで全国大会5位入賞!

中学生ラグビー画像その1

▲画像左から、児玉さん、山村町長、羽毛田さん

町内の中学生、児玉一輝さん(佐久長聖中学校3年)と、羽毛田悟さん(坂城中学校3年)のお二人が、ラグビーの長野県スクール選抜に選ばれ、昨年末の全国大会へ出場し、見事5位入賞を果たしました。

中学生ラグビー画像その2

▲花園メインスタジアムにて  県選抜チーム

お二人ともに小学生の頃からラグビーを始め、小学生時代は上田の、中学時代は長野のラグビースクールに所属。昨年8月に中学生長野県スクール選抜に選ばれ、出場した東日本大会を勝ち抜け、12月29日、31日に大阪の近鉄花園ラグビー場で開催された第17回全国ジュニアラグビーフットボール大会への出場権を獲得しました。全国大会出場は、県選抜チームとしても初の快挙です。

中学生ラグビー画像その3

▲東日本大会の様子  中央手前が羽毛田さん

全国大会では、初戦、上位常連チームの神奈川県代表(最終結果優勝)と対戦。夢の花園メインスタジアムでのプレーという緊張もあり、思うようなプレーができず惜しくもやぶれましたが、その後の敗者復活戦(順位決定戦)では、本来の持ち味を取り戻し全勝、結果、見事に5位入賞を果たしました。

中学生ラグビー画像その4

▲東日本大会の様子  中央のキッカーが児玉さん

お二人は、この春中学を卒業しますが、今後もラグビーは続けていきたいといいます。児玉さんは「高校では今まで以上にプレーの質も試合の質も高くなるが、先輩に引けをとらず1年生レギュラーを目指したい」と。羽毛田さんは「花園へ出場した経験を活かし、高校でも花園へ出場したい」と今後の豊富を話しました。

また、今まで同じチームのメンバーとしてプレーしてきたお二人ですが、今後別々のチームでのライバルとなることについて、児玉さんは「マッチアップでは絶対に倒そうと思う」と、羽毛田さんは「倒しに来るなら抜かしていく」と、早くも闘志を燃やしていました。

ページの先頭へ