このページの本文へ移動
  1. ホーム  >
  2. さかきのできごと >
  3. 写真でひとこと >
  4. 平成23年度のできごと >
  5. 平成23年11月のできごと


平成23年11月のできごと

11月24日(木)町内での移動販売が開始!

移動販売出発式

買い物にお困りの方・不便を感じている方をサポートするため、11月24日(木)から、町内数カ所での移動販売が開始されました。この取組みは、(株)イトーヨーカ堂と、(株)セブン-イレブン・ジャパンとの連携により実現したものです。

当日は、アリオ上田駐車場での出発式のあと、イトーヨーカドーが月見区集会所で、セブン-イレブンが役場駐車場で、それぞれ移動販売車「あんしんお届け便」での販売を開始しました。なお、(株)イトーヨーカ堂の移動販売は全国で初、(株)セブン-イレブン・ジャパンの移動販売は全国で8番目(県内では初)の運行開始です。

移動販売車の日程について

「イトーヨーカドーあんしんお届け便」は毎週月・火・木・金曜日に、「セブンあんしんお届け便」は毎週水・木曜日に運行されます。


イトーヨーカドーあんしんお届け便

▲イトーヨーカドーあんしんお届け便

▼セブンあんしんお届け便

セブンあんしんお届け便

  

11月19日(土)ねずみ大根まつり

ねずこん命名式典と着ぐるみ披露

11月19日(土)、当町特産の「ねずみ大根」の魅力を多くの人に楽しんでいただくためのイベント『ねずみ大根まつり』が開催されました。

当日は、あいにくの雨の中での開催となりましたが、たくさんの方にご来場いただき、ねずみ大根を使った「おしぼりうどん」味わっていただいたり、ねずみ大根をはじめとした農産物・加工品をお買い求めいただいたりと盛況でした。

また、別会場の収穫体験にも、早朝から多くの大根愛好家の皆さんにお集まりいただきました。県外からの来場者も多く、雨の中ではありましたが、楽しみながら大根を収穫していただきました。

皆さん、ご来場ありがとうございました。また来年の開催をお楽しみに!

こちらもあわせてご覧ください
ねずみ大根振興協議会ホームページ

おしぼりうどんふるまいの様子

▲「おしぼりうどん」のふるまい

▼にぎわう「あいさい」店内

あいさい店内の様子

  

キャラクター名『ねずこん』に決定!

まつりのなかで、皆さんから募集して決定したねずみ大根マスコットキャラクターの命名式典と、着ぐるみの披露が行われました。

名前は『ねずこん』です。

式典には、命名者代表の三井寧子さん(命名者多数のため抽選にて代表を決定)ほか命名者の皆さんに集まっていただき、感謝状と記念品の贈呈が行われました。

今後とも『ねずこん』をよろしくお願いします。
皆さん、可愛がってくださいね!

ねずこん画像「よろしくね」

信州の名工に中沢義治さん

信州の名工に中沢義治さん

▲写真左から、山村町長、中沢さん、日精樹脂工業(株)人事部樋口課長、宮下副町長

卓越した技能を有し、県内産業の発展に顕著な功績があった方を表彰する長野県卓越技能者知事表彰『信州の名工』に、町内から日精樹脂工業(株)の中沢義治さんが選ばれました。

中沢さんは、今回の表彰について「町内には私よりも素晴らしい技術者がたくさんおられ、そういった先輩方から受け継いだ技術が認められたことが嬉しく、また大変恐縮している。これまで培ってきた『自分の手と頭を駆使して行う加工技術』は、全ての基礎になる大切なものだと考える。今後もこういった技術の継承に、さらに力を入れていければ」と話されました。

技能・功績の概要(同表彰式資料より抜粋)

長年、プラスチック射出成形の部品加工に携わり、多くの加工機械を駆使し、1メートルを超える大きな部品を、平行度、平面度、同軸度の精度20μm以下で加工できる技能や、摺動面など高精度を要求される加工においては、面粗さや平面の微妙な変化を指先など五感で感じとる感性を有している。また、講習会の講師として、後進の育成に尽力している。

  

山口国体ボウリングで野崎さんが優勝

国体ボウリングで優勝の野崎さん

▲写真左から、山村町長、野崎さん、KYB-YS(株)柳沢代表取締役社長、鳥谷越総務部長

10月に開催された山口国体(第66回国民体育大会)のボウリング成年男子個人の部に、長野県代表として出場した、KYB-YS(株)に勤める野崎新市さんが、見事優勝を果たしました。

また、長野県チームの一員として出場した同団体の部でも、チーム過去最高順位の2位と、こちらも素晴らしい成績を収めています。

野崎さんは、過去にも神奈川県から選手・監督として6回の国体出場を経験していますが、個人戦優勝は今回が初めてのことです。今回の優勝については「優勝できたことに自分でも驚いた。ボウリングは年齢を問わないスポーツなので、これからも練習や試合出場を続けていきたい。今回の国体優勝をステップに、より上位の大会で良い成績を収められれば」と話されています。

 

11月13日(日)ブラインドサッカー東北・北信越リーグ

ブラインドサッカーその1

(画像、オレンジのユニフォームがFCレインボー)

11月13日(日)、すぱーく坂城(びんぐしの里公園 屋内ゲートボール場)を会場に、日本ブラインドサッカー協会主催の「ブラインドサッカー東北・北信越リーグ(B1)大会」の第1節試合として、坂城町を本拠地に活動する長野県唯一のブラインドサッカーチーム「FCレインボー」と、新潟県の「フェニックスファイヤーズ」の試合が行われました。

ブラインドサッカーとは、キーパーを除く選手がアイマスクを装着した状態で、音の鳴る専用のボールを使用して行われるフットサルで、視覚障害者と晴眼者が一緒に楽しめるスポーツです。詳しいルールなどについては、こちらをクリック(日本ブラインドサッカー協会公式サイト)してご覧ください。

ブラインドサッカーその2

▲ゴール前での激しい競り合い

試合では、両チームとも、日頃の練習の成果を発揮した熱戦が繰り広げられ、試合後半、FCレインボーの小山選手(長野市)が見事シュートを決め、結果、1対0でFCレインボーが勝利。同チームとしては、公式戦初の勝利となります。

初勝利を獲得したFCレインボーの大井監督(上田市)は「今回の勝利はみんなの努力のたまもの。今回試合には出場していないメンバーも含め、チームの皆で勝ち取った1点だと思う。和気あいあいとしたチームのムードも大切に、今後更に練習を重ね、次につなげていきたい。」と話されました。なお、第2節の試合は、12月4日(日)に新潟県障害者交流センター体育館で開催されます。

プレイヤー・サポーター随時募集中!

FCレインボーでは、一緒にブラインドサッカーを楽しむメンバーと、チームの活動を手助けするサポーターを随時募集しています。興味のある方は、下記までご連絡ください。

  • 坂城町社会福祉協議会内  ボランティアセンター
    TEL:0268-82-2551
    FAX:0268-82-8005
    開設日:月曜日~金曜日
    (土・日曜日、祝祭日、12月29日~翌1月3日はお休み)
    開設時間:午前8時30分~午後5時
  • 坂城町社会福祉協議会ホームページ


ブラインドサッカーその3

▼試合終了後、互いの健闘を称え合う両チーム

ブラインドサッカーその4

 

南条小金管バンド部  東海大会で銀賞

南条小学校金管バンド部

▲写真左から、南条小学校・山田利幸校長、依田吉志子先生(金管バンド部顧問)、三井智子さん(同部部長・アルトホルン)、坂元愛梨さん(副部長・ドラムス)、山村町長

南条小学校金管バンド部が、10月29日(土)に、岐阜県飛騨高山ビッグアリーナで開催された、第15回東海小学校バンドフェスティバル(第30回全日本小学校バンドフェスティバル〔予選〕)に出場し、銀賞を獲得しました。

惜しくも全国大会への出場権は逃したものの、素晴らしい結果に部員の皆さんは喜んでいます。なお、同部はこれまでも、3度の全国大会最高賞を受賞しているほか、その他のにも様々な賞を獲得するなど、輝かしい成績をおさめてきています。

東海大会の様子(写真)など、詳しくは広報さかき12月号でお知らせする予定です。これまでの大会結果など、下記リンクからご覧いただけます(広報さかき紙面・PDF)。

 

11月3日~6日 大菊花展

平成23年菊花展その1

11月3日(木)から6日(日)までの4日間、町文化センター大会議室を会場に、坂城町菊花愛好会主催による、第12回坂城町大菊花展が開催されました。

菊を愛する皆さんが丹精込めた鉢植えなど、約350点を一堂に展示。会場は、鮮やかな菊の色彩と香りにつつまれ、来場者を楽しませました。

平成23年度菊花展その2

ページの先頭へ